化学がつくる驚異の機能材料―カメレオン色素から超臨界流体まで (ブルーバックス)

制作 : 東京都立大学工業化学科分子応用科学研究会 
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061329379

作品紹介・あらすじ

環境に応じて7色に変わるカメレオン色素、表面の蜂の巣構造によって不思議な色合いを出せるアルミニウム、気体でも液体でもない超臨界流体、あたかも生命でもあるかのようにふるまう特殊高分子など、現代の化学は数々の特筆すべき機能を持った先端材料を生み出しています。本書では、もはや1つ1つの分子のデザインさえ問題になってきた機能材料研究の最前線を紹介してゆきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 溶媒の違いにより、色が変化をする。
    分子が他の分子と結合して、別の分子をつくって色が変わるのではないとのこと。

    溶媒の、極性や水素結合性におよって、電荷の励起状態が変わり、光が変わるとのこと。
    化学といいながら、分子の電磁気学だということが判る。

全1件中 1 - 1件を表示

化学がつくる驚異の機能材料―カメレオン色素から超臨界流体まで (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする