数学を築いた天才たち(上)ギリシア数学からニュートンへ (ブルーバックス)

  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061329898

作品紹介・あらすじ

デカルトは朝のベットで静かに瞑想し、カルダーノは賭事におぼれながらも思考を続けた。パスカルは歯痛で眠れずサイクロイドについて考え、ニュートンは二週間も毎日一時間しか眠らぬこともあった。時にひらめきを得て、ひとつの学問を創りあげてきた天才たちの発想の跡に、数学の趣き深さがみえてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 物性研の所内者、柏地区共通事務センター職員の方のみ借りることができます。
    東大OPACには登録されていません。

    貸出:物性研図書室にある借用証へ記入してください
    返却:物性研図書室へ返却してください

  • HSa

  • ピタゴラスやディオファントスなど、古代の数学者からニュートンなどの近代数学者の事績を載せている。個人的には、ユークリッドなど古代数学者に興味があるので、もう少し古代にページ数を割いて欲しかった気持ちがあるが、数学好きには面白い内容であることは間違いない。

  • 数学者たちの素顔

  • [ 内容 ]
    どこから彼らは発想を得たのか……!?
    デカルトは朝のベットで静かに瞑想し、カルダーノは賭事におぼれながらも思考を続けた。
    パスカルは歯痛で眠れずサイクロイドについて考え、ニュートンは2週間も毎日1時間しか眠らぬこともあった。
    時にひらめきを得て、ひとつの学問を創りあげてきた天才たちの発想の跡に、数学の趣き深さがみえてくる!!

    [ 目次 ]
    1 起源
    2 初期ギリシア数学
    3 ユークリッドとアポロニオス
    4 アルキメデスと後期ヘレニズム時代
    5 長い幕間
    6 ルネサンス
    7 デカルト、フェルマ、パスカル
    8 ニュートン
    9 ニュートンのプリンキピア

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全5件中 1 - 5件を表示

スチュアート・ホリングデールの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×