鍼とツボの科学―ツボに鍼を打つとなぜ効くのか? (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061329928

作品紹介・あらすじ

耳に鍼を打つと空腹感がなくなってやせるという。また、ベテランの鍼灸師は患部から、ずっと離れたツボを探り出して鍼を打ち、ピタリと痛みを止めるという。なぜ、こんな不思議なことができるのか?二千年の歴史を持つ鍼治療を支えた陰陽五行説や「気血の流れ」の考えを現代医学の目で探った著者は、「鍼は効く」の立場からツボや経路の謎に迫り、人体には神経やホルモン、免疫系などの信号系のほかに未知の信号系が働いているのではないかという考えにたどりつく。本書を読めば、深遠な鍼治療に対する科学的な見方を、初めてトータルに知ることができる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2010/10/09

  • 私は、肩こりで、つぼの存在を感じている。それを科学的に客観的に説明できるのか・・・。と期待してよんだが、結局何のことかは、よくわからなかった。残念である。
    このシリーズの本は、確かわかりやすい本が多いが普通によんでも難しいと思う。

  • [ 内容 ]
    耳に鍼を打つと空腹感がなくなってやせるという。
    また、ベテランの鍼灸師は患部から、ずっと離れたツボを探り出して鍼を打ち、ピタリと痛みを止めるという。
    なぜ、こんな不思議なことができるのか?
    二千年の歴史を持つ鍼治療を支えた陰陽五行説や「気血の流れ」の考えを現代医学の目で探った著者は、「鍼は効く」の立場からツボや経路の謎に迫り、人体には神経やホルモン、免疫系などの信号系のほかに未知の信号系が働いているのではないかという考えにたどりつく。
    本書を読めば、深遠な鍼治療に対する科学的な見方を、初めてトータルに知ることができる。

    [ 目次 ]
    第1部 鍼灸2000年の歩み
    第2部 ツボの不思議発見
    第3部 鍼灸に挑む医学
    第4部 「気血の流れ」を探る

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

神川喜代男の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×