針のない時計 (講談社文庫)

  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784061330245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 繊細に編みこまれた、1つの美しく強い作品。

    人間の醜さ、美しさ、愚かさ、哀しさ、そして愛と憎しみを、
    少ない登場人物を通して、物凄く広いレンジと深みで描いていて圧倒される。

    冷徹と言ってよいほど冷静でとても細やかな、そして時に大胆な筆致が好きでした。
    他の作品も読みたいです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

カーソン・マッカラーズ[Carson McCullers 1917―67]:アメリカの女性作家。ジョージア州に生まれる。初めピアニストを志してニューヨークへ出るが、その直後に授業料を紛失し音楽家を断念、コロンビア、ニューヨーク両大学の創作クラスで学ぶ。主な創作活動期は1940年代で、最初の長編『心は孤独な猟人』(1940)は、村上春樹の手により新訳が刊行され話題となった(2020年8月)。

「2023年 『マッカラーズ短篇集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カーソン・マッカラーズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×