ダルタニャン物語 9 三つの恋の物語 (講談社文庫 て 3-14)

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (606ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061330795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国王が王弟妃の元に行く口実として、侍女を狙っている事にしようと2人で相談し、一番地味なルイズに決めた。ところが純粋なルイズに国王は本気で参ってしまい、彼女もまた本気で好きになってしまう。

    ギーシュはルイズとラウルの名誉のために禁止されてる決闘をして瀕死の重症を負う。アンリエット王妃は変装してこっそり会いに行く。

    国王とルイズの噂は宮廷中に広がり、ルイズはいたたまれなくなって修道院に逃げるが連れ戻される。そして出世欲の強い輩が国王のご機嫌取りに逢引をお膳立てする。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    表題が三つの恋の物語、1つは国王とルイズ、1つはギーシュとアンリエット王弟妃、で、あと1つは…?侍従のマルコルヌと侍女のモンタレーというカップルが出てくるのだけど、普通に考えればその2人かな?

    ただこの2人は恋なんていう可愛らしいことばとは無縁な出世欲の強い策略家。この2人の活躍で物語もなかなか面白く展開していきます。

    それにしても国王でも自由に動けない習わしがあるのですかね。この巻は大奥の好きな人には楽しめるかもしれません。

  • 恋については宴もたけなわ。
    なんだかなー。王妃様かわいそうすぎる。忘れられすぎ。
    王弟妃は自業自得もありーの、…でも反撃は自分でするからね。
    ルイズはずるいの一言(笑。
    マリコルヌさんとモンタレー嬢の息のあったコンビが楽しい。

  • 弟の奥さんとの不倫を隠すために一番パっとしない義妹さんの侍女に惚れたフリをするはずが、彼女のピュアさに思わず本気になって燃え上がっちゃったルイ14世さん。
    フランス宮廷の恋物語と貴族間のドロドロとした出世争いを冷静に考えるとルイくんダメじゃんって感じで描いています。
    ダルタニャンが出てくると話が面白くなるんだよな~!

  • 激しく燃え上がるルイ十四世とラ・ヴァリエール嬢との恋。それにまつわる決闘事件。さらに、王弟妃アンリエットと太后アンヌ・ドートリッシュの策謀や、恋人ラ・ヴァリエール嬢の離心を知った青年ブラジュロンヌ子爵の怒りーー愛に悩む人間模様を、虚飾に満ちた王宮を舞台に展開する、華麗な恋の物語。

  • 副題「三つの恋の物語」。

  • ラウルの恋人ルイズは華やかな宮廷には珍しく、どちらかと言えば目立たない存在の女性でした。が、ある日彼女が女同士の会話でルイ14世のことを「太陽王」と呼び思いを語ったことから、ルイ14世とルイズは恋に落ちてしまいます。恋人の裏切りをしり、しかもライバルは国王であることにショックを受けるラウル。また国王の寵愛を失った王弟妃のさやあてがあったりと、恋と駆け引き満載の巻です。まあ確かに恋人の裏切りはショックだと思いますが、それで人生すべて終わったような痛手をうけるラウルもよわっちい男だなと思いますね。

全7件中 1 - 7件を表示

A.デュマの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×