ビアス怪談集 (講談社文庫)

制作 : Ambrose Bierce  中西 秀男 
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061331112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・右足の中指
    結末と題名がリンクする。幽霊が復讐する。

    ・宿なしの幼子
    疫病により家族をなくした子供が遠くの施設に引き取られる。しかし、何かに導かれるようにして放浪を続け、母親の墓の上で息絶えていた。

    ・月あかりの道
    一連の出来事を三人の視点から順に語った小説。息子、父親、母親の順だが、最後の母親は死んだあとの幽霊として語り手となる。幽霊とはいえすべてを承知しているわけではなく、自分の見たものしか知り得ない。幽霊である母親の語りによって、息子と父親の謎は解けるが、結末まで言ってもひとつの謎が残る。父親の前に家に入ったのは何者だったのか?

    ・壁のかなた
    O・ヘンリの最後の一葉の分岐を間違えたかのような話。

    ・死人谷の夜の怪異
    この短編集のなかでもっともはっきり幽霊が出てくる。中国人の幽霊が切り取られた辮髪を取り戻しに来る話。

    ・ハルピン・フレイザーの死
    ハルピン・フレイザーは夢のなかで母親に似た怪物に殺される。現実にも彼は殺され、その場所は母親の墓だった。母親はその父親に殺され、息子のハルピンを道連れにしたのか?

    ・シロップの壺
    正直者の店主が死んで、正直者の幽霊が現れる。

    ・見知らぬ男
    語り手が幽霊で残された聞き手が真相を悟る。

    ・適切な環境
    作家ジェイムズ・アー・コールストンは親友チャールズ・ブリードと同日同時に自殺することを約束する。ウィラード・マーシュはコールストンからその日にブリードの邸で渡された短編を読むよう言い渡される。その短編は二人がその日自殺するという告白書であった。ブリードとマーシュは死に、コールストンは精神病院に収容された。

    ・あん畜生
    透明な怪物が現れ人を殺す。目的・理由は不明。

    ・マカーガー峡谷の秘密
    迷い込んだマカーガー峡谷の小屋で夢を見た。夫婦が小屋に住んでいる。そこで目が覚めるが音だけは続いていた。女が絞め殺されるような声が聞こえた。その後、マカーガー峡谷を知る人からそこにマクグレガーという夫婦が住んでおり、妻が死体で発見され夫は行方不明だと聞かされる。マカーガーはマクグレガーがなまったものだった。

    ・猛烈な格闘
    南北戦争の北軍の士官が監視中に亡くなった。士官の死体は格闘の跡があり、そのそばには敵軍の死体があった。しかし、その死体は死後相当の時間が経っているものだった。

    ・カーコサの一住民
    見慣れない場所で人に話しかけてもまったく相手にされない。ふと見ると自分の名前と生没年が書かれた墓石があった。と、霊が霊媒に語ったのだった。

    ・アウル・クリーク橋の一事件
    南北戦争の北軍が支配していたアウル・クリーク橋を爆破しようとした南軍の協力者が捕らえられ、絞首刑に処されるところだった。足元の板が外され、首に縄が食い込むまでの僅かの間に、彼は逃げだし家族のもとに向かう夢を見る。妻に会う直前で死が訪れた。

全1件中 1 - 1件を表示

アンブローズ・ビアスの作品

ビアス怪談集 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする