マザー・グース1 (講談社文庫)

制作 : 平野 敬一  平野 敬一  和田 誠  谷川 俊太郎 
  • 講談社 (1981年7月13日発売)
3.50
  • (35)
  • (32)
  • (123)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :424
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (133ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061331488

マザー・グース1 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「鏡の国のアリス」を再読する前に借りてみました。原詩を解説と照らし合わせながら読んで、やっと理解できるような不可思議な唄がたくさん。原詩のリズムや押韻が面白いです。(でも英語は読めません。もうフィーリングで)アリスに出てくる原題の唄をいくつか見つけては、なんか嬉しくなっていた一冊でした。

  • 「原詩と解説」(平野敬一)があって楽しめる。"Golden slumbers kiss your eyes," という『アビー・ロード』収録曲の原形、乙。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    おもしろくってくそまじめ、ナンセンスまた奇怪千万、ユーモア、ペーソス、どたばたにやり……あらゆるおかしさがひしめきあうへんてこりんな世界。いまや全地球的財産になった『マザー・グース』の軽妙絶妙の訳に、たのしい挿絵がついた。この巻にはハンプティ・ダンプティ等が登場して全96篇。全4巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・英語・イラスト・詩





    1++2

  • 英訳付き。そのむかし伯爵カインてマザーグースを題材にした漫画があった訳よ…

  • 日本語訳とは別に、原語版が記載されている。

    日本語で読むと、さすがに、何がいいのか分からないものが多数。

    挿絵があることで救われる。

  • 全4巻、読了。

  • 谷川さんっぽさが出てますね

  • おなじみのマザー・グースです。
    中学生時代、英語を勉強し始めた頃、NHKラジオ「基礎英語」で出会ひました。
    当時の「基礎英語」は、小島義郎先生が担当されてゐました。ネイティブのゲストは、うろ覚えで書くのですが、女性がウェンディ・ジョーンズさん、男性がレジナルド・スミスさんでした。レジーは芸達者でしたね。2学期からウェンディさんに代り、マキシン・レナードさんといふ女性が担当になつたと記憶してゐます。もし間違つてゐたら、どなたかご指摘ください。どうでもいいことですが。

    その「基礎英語」では、週末に歌を紹介してゐまして、1学期目は全て「マザー・グース」の歌でした。ちなみに2学期以降は、ローストビーフの歌などさまざまな歌を紹介してゐました。
    「マザー・グース」を歌つてゐたのは、キャロライン洋子さん。子役時代の録音ださうです。
    印象深いのは、歌が終つた後、小島先生が必ず「えー、キャロラインさんの歌声がとても可愛らしいのですが、それは彼女がまだ小さい時の録音だからなんですねえー」と毎回言ふとこです。
    まるでキャロラインさんの歌声が可愛らしくては何か不都合でもあるかのやうに、言ひ訳がましく述べるのがとても面白かつた。

    さて講談社文庫版「マザー・グース」は、訳・谷川俊太郎、絵・和田誠、監修(解説)・平野敬一の最強トリオによる全4冊であります。
    改めて読んでみますと、もちろん児童向けと思はれる歌が多いのですが、中には不気味なもの、アダルトなものが多く含まれてゐます。
    あるいは、原典はもつと残酷な内容だつたのが、後年改められたものなどもあり、調べれば調べるほど面白いのでございます。
    例へば次のやうな詩はいかがでせうか。

     おかあさんがわたしをころした
     おとうさまはわたしをたべてる
     にいさんねえさんおとうといもうと
     テーブルのしたでほねをひろって
     つめたいいしのなかにいれる

    残酷な継母に殺された子供の骨が鳥になつて歌ふ民話が原型ださうですが、少なくとも日本ではかういふストレイトな「童謡」はないでせう。
    また、「Fee、fi、fo、fum、I smell the blood of an Englishman」なる不気味なフレーズ、平野敬一氏の「原詩と解説」によりますと、沙翁の『リア王』の登場人物がこれをふと口にする場面があるさうです。
    そこで新潮文庫版『リア王』(福田恆存訳)を引つ張り出すと、確かにありましたよ。
    第三幕第四場の最後、「エドガー」の台詞であります。

     「フィ・フォ・フム」と合言葉
     「ブリテン人の 血が匂う」

    伝承世界の不気味さを感じ、少しぞつとしたのでした。

    http://genjigawakusin.blog10.fc2.com/blog-entry-74.html

  • マザーグースの和訳は沢山出版されているが、
    谷川俊太郎の翻訳は文にリズム感があり、きちんと詩として成り立っている点が良い。

  • 読書会BOOKREADERS!
    テーマ短編:部長選

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル キイス
有効な右矢印 無効な右矢印

マザー・グース1 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

マザー・グース1 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする