ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
4.02
  • (41)
  • (52)
  • (36)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 798
感想 : 69
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061332720

作品紹介・あらすじ

きのこの里に大事件! ほしじいたけとほしばあたけは、体を張ってなかまのきのこを助けるのですが……。驚きいっぱいの楽しいお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    きのこの里に大事件! ほしじいたけとほしばあたけは、体を張ってなかまのきのこを助けるのですが……。驚きいっぱいの楽しいお話。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    いろいろなきのこが出てきて勉強になります。毒キノコとか、こわいものもたくさんありますからね、息子たちには、生えてるキノコに無闇に触ってはいけないことを教えました。

  • きのこむらのはずれ、ほだぎのさとにほしじいたけほしばあたけは住んでいます。
    好きなことは日向ぼっこ。嫌いなことは水に濡れること。

    ある日薪を拾いに出かけたおじいさん、困っているこどもたち(ホウキタケ、オオワライタケ)に遭遇。
    タマゴタケくんがころがって谷におちたという。
    大変!
    ほしじいたけはふうわり飛び降ります。
    ところが登ることはできません。
    「こまったのう、いたしかたあるまい。」
    そろりと水につかると
    「むにゅむにゅぷっくり。うおおおおお」
    若返ったおじいさん、タマゴタケくんを背負ってよじのぼります。
    そこに若返ったほしばあたけがつるを垂らして、ふぉうりぁあああっっっと引っ張り上げます。
    ほしいばあたけは娘っ子のころ「かいりきおたけ」と呼ばれていたんだって。

    めでたしめでたしで、日向ぼっこする二人。
    「やれやればさま、ばさまにもどれてよかったのう。」
    「ほんにじさま、じさまにもどれてよかったのう。」

    なんてほのぼのした山のお話。
    ほしじいたけほしばあたけは、のんびりゆったり過ごすのが幸せなんですねえ。

  • ドキュメント72時間

  • きのこむらのはずれ、ほだぎのさとに ほしじいたけと ほしばあたけが すんでいました。
    ふたりが いちばん すきなことは、ひなたぼっこ。
    いちばん きらいなことは、みずにぬれることです。

    きのこむらには、他にもいろんなキノコが住んでいて、困ったことがあるとふたりのことろに相談にきます。

    のんびりした空気が一変、一大事が!
    ばさまとじさまのカッコいいことと言ったら!!
    最後にほっこりするところがまた素敵。

  • きのこむら、ほだぎの里、タマゴタケ、オオワライタケ、ホウキタケ、ぬめりいぐち、キヌガサタケ、タマゴタケ落ちる
    水に濡れると若返るけどいたみやすいのではやくひなたぼっこ

    ほしじいたけほしばあたけの1冊目が読めてよかった。
    じじいばばあに戻れてよかったと思うのが新しい。

  • まず、じいたけとばあたけの区別がつかなくて焦るwでも話の進行に障りなかったw
    ほしじいたけが躊躇なく崖から飛び降りる心意気は、若返り後よりイケメンだな。乾物パワーの見せどころは迫力満点!
    シワシワのふたりにほのぼのして、タマゴタケくんの可愛さにも癒やされて、読後は気持ちがほんわか温かい。

  • 講談社新人賞デビュー作読み。干しじいたけがいればばあたけもいる。個性は強いが、頼りない乾燥っぷりの年寄りきのこが、こんなふうに活躍するなんて!

  • 干し椎茸の夫婦が主人公。水で若返るという設定も面白いしキャラクターのインパクトがすごい。他の椎茸も含めて、子供が興味を持って読む絵本だと思います。

  • 5歳1ヶ月。

  • 11/30
    二年生へ読み聞かせ

    かわいいきのこたちが出てくるユニークな話。子どもたちには干ししいたけへのなじみがないため、水でもどすと、若返るということが腑に落ちないようであった。

    事前に干ししいたけの知識を話してると入りやすいのかなと思う。

    「ねぎぼうずねぎたろう」を思い出す。野菜つながりかな。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。京都教育大学特修美術科卒業。「子どもの本専門店 メリーゴーランド」の絵本塾で絵本作りを学ぶ。第12回ピンポイント絵本コンペ最優秀賞、第35回講談社絵本新人賞佳作受賞。第36回講談社絵本新人賞受賞作『ほしじいたけ ほしばあたけ』(講談社)でデビュー。シリーズに『ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ』『ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん』『ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ』がある。造形教室講師として、子どもたちに一緒に遊んでもらっている。

「2021年 『ほしじいたけ ほしばあたけ おにたいじはいちだいじ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川基子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×