クルツのごきげんしゃしんかん (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.27
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061332867

作品紹介・あらすじ

まちのはずれに、写真館がありました。
どんなどうぶつも、みんな、ごきげんにしてしまう写真館です。
カメラマンはねこのクルツ、ねずみのチュータはおてつだいです。

気弱なライオン、あまえんぼうのカンガルー、写真を撮りたがらないふたごのくま。
ここにくれば、どんな悩みや問題も、クルツがたちまち解決して、ごきげんな写真をパチリ! と撮ってしまいます。

絵本を読めば、きっとあなたもごきげんに! さあ、パチリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 6歳4ヶ月の娘と
    3歳4ヶ月の息子に読み聞かせ

    写真っていいよね

  • どんなお客さん(どうぶつたち)もごきげんで、望み通りの写真を撮ることができるクルツさん。そのプロフェッショナルな姿勢で望みに応えていきます。それぞれの写真の絵がイキイキしていて、絵を見ているだけで楽しい内容。読み終わっても、表と裏表紙にちょっとしたお探しがあったりと楽しめる絵本です。

  • 荳頑ゥ玖除遨ょュ先嶌蠎励h繧翫?

  • クルツは素晴らしいカメラマンです。

    どのようなお客さんでも素敵な写真をクルツは撮ってしまいます。

    携帯やデジカメで誰もが気軽に、そして簡単に写真を撮れるし、そのあとで加工もできる時代です。

    だからこそ写真館を利用したいと思ってもらわないといけない。

    そう思わせるクルツはプロフェッショナルです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。茅ヶ崎(神奈川県)に育つ。
セツ・モードセミナー卒業。パレットクラブ絵本コース卒業。絵本ワークショップ「あとさき塾」「チャブックス」に参加。
2005年より、個展等にて作品を発表。第7回逗子市手づくり絵本コンクール「優秀賞」受賞。
『てがみぼうやのゆくところ』にて、第35回講談社絵本新人賞を受賞しデビュー。ほかの絵本に『クルツのごきげんしゃしんかん』がある。

「2023年 『どうぶつ ぴょこん だーれだ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤晶子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×