新版 星空キャンプ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 122
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061332898

作品紹介・あらすじ

月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 《なんだか地球のベッドはきもちがいい》

    絵本。
    ミナは家族で一週間のキャンプ。自然といっしょになったみたいな気分。

  • キャンプ行ったので

  • 2021.02.17

  • 1週間も!ある意味すごいな(汗)
    夜のテント内で灯りを消すページが好き♪

  • 親子3人でのキャンプ。
    マス釣り、キイチゴつみ、ジャムづくり。
    のんびりしてていいな。一週間も、夏休みかな。
    きっと、この後は日常に帰っていくのだろう。
    人間も地球の一員。星空の中、眠りたい。

  • 図書館で借りて読み。

    7歳児夢うつつだったためかあまり反応なく。

  • マスをつってみたい。キャンプをしてみたくなった。うらやましい。

  • 2017/06/22 2年生午後

  • シンプルな絵とカラフルな余白が、周りの広い世界を想像させる。日常とは違う世界。

    キャンプ、野外での体験が、自然を感じ、そこに抱かれていることに気づかせることを、わかりやすく、嫌み無く教えてくれくれる。

  • 2014.06 5-1
    2018.06 2-3

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年岐阜県生まれ。創作絵本やワイルドライフアートなどで、独自の世界を幅広く展開する、自然派アーティスト。ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、ブラチスラバ世界絵本原画展金牌、日本絵本賞大賞など受賞を重ねる。主な絵本に『ピンク、ぺっこん』『ピンクとスノーじいさん』『ピンク! パール!』『ピンクのいる山』『ピンクがとんだ日』『はるのやまはザワザワ』『ようこそ森へ』『青いヤドカリ』『山のおふろ』『やきいもの日』(以上徳間書店)、『星空キャンプ』『どろんこ! どろんこ!』(以上講談社)、『さかなつりにいこう!』(理論社)、『石のきもち』『くじらのバース』(以上ひさかたチャイルド)、『よぞらのほしは』(フレーベル館)ほか多数。伊豆高原と石垣島に、村上康成絵本ギャラリーがある。「やまめのピンク」シリーズは、国連生物多様性の10年日本委員会」推薦図書となっている。

「2022年 『黄色い竜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上康成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
竹下 文子
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
はた こうしろう
くすのき しげの...
tupera t...
長谷川 義史
にしまき かやこ
中川ひろたか
ヨシタケシンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×