さよなら ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (4)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 231
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061332942

作品紹介・あらすじ

『ママがおばけになっちゃった!』、待望の続編です。

きょうは ママの おそうしきです。

おばけになって、かんたろうのもとへ現れていたママですが、ほんとうにお別れの時がやってきました。

目に見えなくても、ママはかんたろうのそばにいる。
「ママが かんたろうの なかに いる こと、おもいだして ほしい。それ なら ママと あえなくても へいきでしょう?」
そう問いかけるママに、かんたろうは思わず叫びます。
「え! なんだよ! なんなんだよ! あえなくて へいきな わけ ないじゃん! ひどいよ、ママ!」

辛すぎる別れと、母子はどのように向き合うのでしょうか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 知人にいただきましたが、3歳の子供に読ませられるようなものではないと判断して処分しました。下品だしあまり、、

  • のぶみの絵本て子供じゃなくて、親にこびてるよね。

  • コミカルな感じがじ~んとする感じへ。そのメリハリ感が見事だなって思いました。

  • これは、フフッと笑えたかと思うと急に悲しみがぐわっと胸にきて気づいたら涙が出てしまうような絵本になっています。
    18k037

  • 前作よりはまともだった。
    前作のが評判いいみたいですけど。
    ママが死んじゃって遺された息子くんがきちんと1人でトイレに行けて。あなたの中にママはちゃんと生きてるよって言うのがよかったと思うし、子どもが読んでも響くのでは。

  • 1作目ほどのウルウルはなし。

  • 涙無しでは 読めない(涙)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年、東京都生まれ。絵本作家。「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズ(講談社)や、「しんかんくん」シリーズ(あかね書房ほか160冊以上の絵本作品を発表。NHK「おかあさんといっしょ」で、「よわむしモンスターズ」を制作。NHK「みいつけた!」では「おててえほん」のアニメーションを担当するなど、幅広く活躍している。
東日本大震災でのボランティア活動をもとに書いたエッセイ・コミック『上を向いて歩こう!』(講談社)は、森川ジョージによるリメイク版が生まれるなど、話題を呼ぶ。福島応援キャラクター「あたまがふくしまちゃん」を制作。Twitter, Facebook,を通じて、ファンとの交流や情報発信を積極的に行っている。

「2016年 『ママがおばけになっちゃった! スペシャルシールブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

のぶみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×