ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (17)
  • (21)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 400
感想 : 19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333048

作品紹介・あらすじ

きょうもなかよく、ほしばあたけと日向ぼっこしていた、ほしじいたけ。大風が吹いて、カラカラに乾いた体は遠くへ飛ばされてしまいます。降り着いたほしじいたけに、大きな危険がふりかかり……どうする、ほしじいたけ!
個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。
大人気作『ほしじいたけ ほしばあたけ』のシリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ほしじいたけのシリーズ。いつもは水を吸って若返ることでピンチを脱するのに今回は逆のパターン。ナメクジがリアルすぎて少し怖い気がする。

  • ほしじいたけが温泉にはいって若返るのは、うらやましいかぎりです。ピンチの時に助け合うきのこたちがほほえましい。かちかちのほしばあたけがふわりと飛んできて強さを発揮するところがかっこいい。

  • きのこむらのはずれ、ほだぎのさとにほしじいたけほしばあたけは住んでいます。
    好きなことは日向ぼっこ。嫌いなことは水に濡れること。

    シリーズ2作目は、見開きにキャラクターの説明がありますね。
    かわいらしい。

    日向ぼっこをしているほしじいたけほしばあたけ。
    ほしじいたけが風に飛ばされてしまいます。
    たどり着いたのは、足を踏み入れたきのこは二度と戻れないというじめじめ谷。
    知らずにふうわり降りていくとそこは温泉。
    「はあごくらくごくらく」
    とやっていると、むにゅむにゅぷっくり若返ってしまいます。
    「わしとしたことが、ようもないのに わかがえってしもうた!」
    のぼせているほしじいたけのところにやってきたのは、なめくじ。
    なめくじはきのこが大好物。
    村の子どもたちが戦いますが、ダメ。
    そこにやってきたのはほしばあたけ。
    ほしばあたけをかじったなめくじは「いててててて」
    硬すぎてナメクジは降参。
    みんな温泉につかってから、ほかほかで帰りました。

    基本的にほしじいたけほしばあたけは若返りたくはなく、年寄りの姿が気に入っているところがいいですね。
    1作目に続いて、ほしばあたけが大活躍です。
    助けに来たほしいばあたけの舞い降りた効果音は「かさり」(笑)
    「ふぉふぉふぉ。ちと、かたすぎましたかいのう。」という余裕のセリフ、「さすがばさま!かんぶつのかがみじゃ!」というほしじいたけのセリフ。
    もう、いろいろおもしろいです!

  • 5年生の教室で読みました。5分弱。

    『干したから』という科学絵本とセットにして2冊で。
    『干したから』のほうは、勉強になる写真絵本で説明も多いので、飽きてくる子もいますが、「2冊目も乾物の絵本を選んできました」とこれを出すと喜んでくれました。

    5年生でも楽しんで聞いてくれるお話です。

  • 8歳10ヶ月の娘
    5歳10ヶ月の息子に読み聞かせ

    子どもたちが大変気に入ってる
    ほしじいたけほしばあたけのシリーズ

    なんだか私もハマってきたぞ

  • 5歳1ヶ月。

  • 久しぶりの絵本!!
    やはりいいですね〜絵本!!

    この本はキノコの特徴も勉強できていいですね。

    それにしてもいつもほしばあたけは強いな〜(^_^)

  • 地の文やセリフ以外に、しいたけがお湯で戻る時の音や、ほしばあさまが風に乗って現れる時の音などオノマトペも豊富で、声に出しても楽しい絵本でした。
    水につかると若返ってしまうという仕掛けも面白かったです。温泉にはきのこの出汁がたくさん出ていたでしょうね。

  • 息子7歳12か月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読むようになってきて、母はサミシイ。

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯

    〈子〉
    何度も読む(お気に入り) ◯
    ちょうど良いボリューム◯
    その他◯

    大好きなシリーズです。
    つやつやのばさまがかわいい。

  • 秋、一年生に。
    読む前に本物の干し椎茸を見せて触らせてから、読む。ほしじいたけとほしばあたけが活躍するシーンが特に面白かったみたい。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。京都教育大学特修美術科卒業。「子どもの本専門店 メリーゴーランド」の絵本塾で絵本作りを学ぶ。第12回ピンポイント絵本コンペ最優秀賞、第35回講談社絵本新人賞佳作受賞。第36回講談社絵本新人賞受賞作『ほしじいたけ ほしばあたけ』(講談社)でデビュー。シリーズに『ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ』『ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん』『ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ』がある。造形教室講師として、子どもたちに一緒に遊んでもらっている。

「2021年 『ほしじいたけ ほしばあたけ おにたいじはいちだいじ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川基子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×