かえるぴょん (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.24
  • (1)
  • (6)
  • (17)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 123
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333192

作品紹介・あらすじ

池のなかのかえるが、葉っぱにぴょん、お庭にぴょん、お屋根にぴょん。ぴょんぴょんとんで目指したのは……。
シンプルなお話と、おおらかな絵でおくる、ピュアな魅力にあふれる絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵がすき

  • [池のなかのかえるが、葉っぱにぴょん、お庭にぴょん、お屋根にぴょん。ぴょんぴょんとんで目指したのは……。]



    字が少し読めるようになった子に◎
    絵がかわいい。ストーリーはあまりない。
    1歳~4歳。

  • 6歳2ヶ月の娘
    3歳2ヶ月の息子に読み聞かせ

    このゆるーい絵と話すき

  • 梅雨が近いので、雨とか、カエルとかそういうのが多い最近。これは少し娘には合わないようで、あまり読ませてもらえない。もう一息で月に届きそうだったのに、残念。(1歳11ヶ月)

  • 文字も大きくってかえるものびのびしてて、小さな幼児さんでも自分で読んで自分で絵本の世界を楽しむことができそう。文字を覚え始めたこどもが、絵本を自分で読む楽しさを味わえる絵本。

  • みじかく、絵も大きいので読み聞かせには使えそう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ささめやゆき

1943 東京・蒲田生まれ
1972 パリ・ニューヨークを経てノルマンディ半島にくらす
   一年間ただ絵を描き続ける
1985 ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞
1993 国立劇場の「日本芸術文化振興会ニュース」の表紙絵 2016年までつづく
1995 『ガドルフの百合』(偕成社)で小学館絵画賞
   リトアニア・ヴィルニュスで個展
1996 エッセイ集『ほんとうらしくうそらしく』筑摩書房より刊行
   『テントの旅人』モスクワ・銀の糸社より刊行
1998 集英社の文芸誌「すばる」表紙絵 2005年までつづく
1999 第30回講談社出版文化賞挿絵賞
2001 『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で第6回日本絵本賞
2003 サンフランシスコで個展
   新国立劇場での井上ひさしの芝居「夢の泪」「夢の痂」などのポスター絵を依頼され、以後こまつ座のポスターを多く描く
2018 ジョージアに旅行。ピロスマニの絵をみる
2019 リノリウム版画集『But と Or』 BL出版より刊行
2023 仙台文学館「ささめやゆき物語」(7月〜9月)
八ヶ岳小さな絵本美術館「ささめやゆきの絵本」(9月〜11月)

「2023年 『マルスさんとマダムマルス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ささめやゆきの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×