かえるぴょん (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.12
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333192

作品紹介・あらすじ

池のなかのかえるが、葉っぱにぴょん、お庭にぴょん、お屋根にぴょん。ぴょんぴょんとんで目指したのは……。
シンプルなお話と、おおらかな絵でおくる、ピュアな魅力にあふれる絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 6歳2ヶ月の娘
    3歳2ヶ月の息子に読み聞かせ

    このゆるーい絵と話すき

  • 梅雨が近いので、雨とか、カエルとかそういうのが多い最近。これは少し娘には合わないようで、あまり読ませてもらえない。もう一息で月に届きそうだったのに、残念。(1歳11ヶ月)

  • 文字も大きくってかえるものびのびしてて、小さな幼児さんでも自分で読んで自分で絵本の世界を楽しむことができそう。文字を覚え始めたこどもが、絵本を自分で読む楽しさを味わえる絵本。

  • みじかく、絵も大きいので読み聞かせには使えそう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ささめやゆき 1943年東京生まれ。1985年ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞、95年小学館絵画賞、99年講談社出版文化賞さしえ賞受賞。絵本に『ねこのチャッピー』(小峰書店)『椅子 しあわせの分量』(BL出版)、挿絵を手がけたものに『三方一両損』『子どもつなひき騒動』『徂徠どうふ』『お父さん、牛になる』(福音館書店)『狂言えほん・ぶす』(講談社)『こぶたものがたり』(岩崎書店)『あるひあるとき』(のら書店)、著書に『イタリアの道』(講談社)ほか多数。

「2021年 『眠り猫 講談えほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ささめやゆきの作品

ツイートする
×