アントンせんせい あかちゃんです (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (9)
  • (12)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 260
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333284

作品紹介・あらすじ

アントンせんせいの病院は、たくさんのどうぶつたちがやってきて大忙し。
そんななか、ブタのブータさんとブーコさんの夫婦が病院にやってきました。なんだかここのところ、ブーコさんの調子が悪いのです。アントンせんせいがしんさつをすると、なんと、ブーコさんのお腹の中にはあかちゃんが!

アントンせんせいが「おめでたですよ」と告げると、様子をみていたタヌキのぼうやも一緒に喜びます。さっそく、ブータさんとブーコさんは、あたらしいあかちゃんを迎える準備をします。

そして、ある日……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アントンせんせいシリーズ。こどもにはそこまでヒットせず。

  • 3歳8ヶ月。絵本「おかあさんがおかあさんになった日」の影響で出産ストーリーが大好きになった娘。ほのぼのとした良い話なのですが、所々出てくるブタさんのコミカルなリアクションが面白くて(私だけが)笑って読めなくなります。

  • 次男の妊娠中、長男によく読み聞かせていた本です。
    この本を読みながら、子どもたちが生まれたときの話をすると、嬉しそうに聞いています。

  • よかった

  • 町中のどうぶつたちが、ブーコさんのあかちゃんが無事に産まれる事を願っている。ステキなご近所さんだ〜♪

  • 5歳4ヶ月の息子に読み聞かせ。
    たぬきの坊やが、お腹の赤ちゃんの様子を見に、夫婦の家の外窓から覗きこんでいるシーンがあるのですが、「また見に来てる!」と嬉しそうでした。
    お腹がめちゃくちゃ大きいことに驚きつつ、生まれた後に「7匹も入っていたんだ!」と納得。
    読んだ後もニコニコしていたので、それなりに面白かったようです。
    https://www.ehonlog.com/books/139

  • みんながブーコさんのおなかの中のあかちゃんをこころまちにする様子がほほえましいです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

ユーモア溢れる作風が人気の絵本作家。デザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。第1回日本童画大賞優秀賞受賞。主な作品に『バルバルさん』、『うんこ!』、『ライオンのすてきないえ』など。

「2017年 『学研のベストセラー絵本 全9巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村敏雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×