ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (14)
  • (18)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 351
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333321

作品紹介・あらすじ

ほしばあたけと胞子を撒きにでた、ほしじいたけ。いつの間にか森ではぐれてしまったほしじいたけは、あやしい歌声を聞きつけます。そこでは見たこともない真っ赤なきのこたちが宴会をしていました。とらわれの身となったほしじいたけは、一緒につかまった光るきのこたちとともに、脱出をくわだてるのですが……。
個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアたっぷり驚きいっぱいの楽しいお話。
人気シリーズ「ほしじいたけ ほしばあたけ」のシリーズ第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キノコ好き(見る専)の娘のお休みのお供にと、借りた本。
    シリーズものだったのね!
    水が苦手なじぃさまが水に浸かるとどうなるの~??からの○○姿に、寝る前なのに楽しい気分に。
    「どんこにゃこうしん……」の意味を調べて、成る程じぃさまとばぁさまの傘の違いって種類だったのかぁ!
    他のシリーズも借りてこよう♪

  • きのこむらのはずれ、ほだぎのさとにほしじいたけほしばあたけは住んでいます。
    好きなことは日向ぼっこ。嫌いなことは水に濡れること。

    じさまとばさま、お仕事してたんですね。
    みんなから預かった胞子をまくのが仕事だそうです。

    胞子をまきに来たじさまとばさま。
    ばさまと離れてしまったじさまは、カエンタケの踊りに遭遇してしまいます。
    この時の歌が「どくどくどくどく どっくどく~」
    毒キノコ代表カエンタケだけあってめちゃくちゃ悪そうな歌(笑)

    踊れと言われて踊ったじさま、気に入られて捕らえられてしまいます。
    そこには光るのが珍しいと捕らえられているひかるきのこ(ヤコウタケとシイノトモシビタケ)が。

    彼らを助けるためにも一肌脱いだじさま。
    水で若返ったじさまが踊るのはなんとブレイクダンス!(え~!じさま、若い時どんなんだったの~!?)

    なんとかひかるきのこたちを逃がしましたが、目がまわったじさまは逃げられず…そこへ登場ばさま!パワフルな「どんこおどり」で壁を作り、じさまとともに逃げます。

    そこにはひかるきのこたちが並んだ道。
    2人はロマンチックに手をつないで逃げます。

    このシリーズ、もしかして毎回一番活躍するのばさまなの?
    じさまもすごいんだけど、いつもじさまのピンチを救ってくれるのは若返ったばさま(かいりきおたけ)。
    2人がいつも仲良しなのがステキです。

  • どハマりでした!3歳の娘ですが、何回も何回も読んでともってきました!出てくるキノコの名前もしっかり覚え楽しみました!

  • しっかりとした絵
    じいさん、ばあさんでありながら
    水に浸すと若返るので、年齢不詳なキノコ夫婦

    パターン化してますね。

  • 設定が面白い絵本でした。
    小さい子より干し椎茸が干した物だとわかる子どもや大人の方が楽しめるかも!

  • 5歳1ヶ月。

  • 10才の子供が爆笑してました

  • 娘がお気に入りの干しじいたけ干しばあたけの話!
    相変わらずなかのいい二人、そして水を与えると、最強になる(笑)

  • 5歳
    こどもがこのシリーズが好き
    「ドックドクドク〜」と口ずさんでいた。

  • 5歳10か月の娘へ。
    とってもお気に入りの1冊です。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。京都教育大学特修美術科卒業。「子どもの本専門店 メリーゴーランド」の絵本塾で絵本作りを学ぶ。第12回ピンポイント絵本コンペ最優秀賞、第35回講談社絵本新人賞佳作受賞。第36回講談社絵本新人賞受賞作『ほしじいたけ ほしばあたけ』(講談社)でデビュー。シリーズに『ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ』『ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん』『ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ』がある。造形教室講師として、子どもたちに一緒に遊んでもらっている。

「2021年 『ほしじいたけ ほしばあたけ おにたいじはいちだいじ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川基子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×