スープに なりました (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.78
  • (3)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333338

作品紹介・あらすじ

にんじんが、スープになりました。ごくん。
じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 木版のあたたかさに溢れた素敵な絵本でした。どのスープも美味しそう。娘はコーンスープにパンをひたす、というのがピンと来なくて首をかしげてましたが(´∀`*)冷たいスープもあって、そうだ、スープ作ろう!!ってなります。(2歳)

  • おいしそうなスープになる。思わずまねしたくなる一冊。

  • 食べる物に興味が出てきて食べる真似をして遊ぶのが好きなので、スープを食べさせあってたくさん遊べました。優しい絵が好きです。

    風の子にいる時に、よく本棚から出してきていたので借りてみました。毎日、よんでと本を持ってきて読み聞かせる位にお気に入りの本です。

  • 木版画で描かれたタッチが、優しくあたたかい。子どもモラきらいがちな、野菜もスープに変身するならと食べたくなってくれるかも。

  • にんじん、じゃがいも、トマト、えだまめ、ほうれん草、とうもろこし、パン

  • にんじんが とろーりすーぷに なりました
    じゃがいもが…
    いろんな野菜がおいしそうなスープになりますよ。色がとてもきれい。浮世絵の手法で作られた絵本です。同じ著者の『パンどうぞ』『ケーキやけました』『コロッケできました』もおいしそうです。

  • いろんな野菜がスープになるおはなし。シリーズ第4弾。
    前作「コロッケできました」はすべて揚げ物のため色が地味でしたが、今回はメインが野菜を使いカラフル。人参とほうれん草とトウモロコシがお気に入り。どれも美味しそうだったのでおなか空いた(笑)

  • 画の 質感が とても やわらかい♪美味しそう♪

  • にんじん、じゃがいも 
    ページをめくると何ともおいしそうなスープに♪
    最後には、あれをつけて…
    おなかの空く1冊

  • シリーズ早くも第4弾。
    相変わらずおいしそうです。
    あー、えだまめのスープ飲みたい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

彦坂木版工房の木版画家。
木版の素晴らしさを伝えるため展示会や木版のワークショップを行う。
2012年よりイラストレーターとして活動をはじめ、広告や食品のパッケージ、雑貨のイラストなどで幅広く活動。
絵本『パンどうぞ』は、2015年ボローニャ国際児童図書展「Books&Seeds」に選定された。ほかの作品に『ケーキやけました』『コロッケできました』『スープになりました』(講談社)、『おもち』(福音館書店)がある。

「2018年 『くだもの ぱくっ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スープに なりました (講談社の創作絵本)のその他の作品

彦坂有紀の作品

ツイートする