くるみのなかには (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.89
  • (20)
  • (34)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 441
感想 : 35
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333390

作品紹介・あらすじ

くるみの なかには なにがある?
なかには ちいさな ちいさな たからもの

もし、りすが おとしたくるみなら、
それは りすの さいほうばこ
ちいさな はさみ ちいさな いとまき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • くるみのなかには 何があるんだろう
    そのなかには とてもステキなものがあった。

    キラキラと輝く宝物だったり
    なつかしさを感じるような使いたくなる裁縫セット
    ドアをあけるとおじいさんとおばあさん
    小さなまち
    雪色のまち
    やがて、音もしなくなり重くなったら土に埋めて
    水をすって根をおろし 光にむかって芽をのばす
    何年も何年もかけて大きくなり実をみのらせる
    ぽとん ぽとん
    くるみ!新しいくるみ!

    夢がある 希望を感じる
    さぁ、このくるみのなかには何があるんだろう

    とても綺麗な絵に思わず購入した絵本。
    何度も何度も見てしまう。

  • くるみのなかには何がある?
    リスの裁縫箱だったり、お宝が詰まっていたり。
    ラストにはとても良いものが。
    あの小さなくるみに何を入れるか想像してワクワク。子供と一緒に何を想像したか話しても楽しそう。

    • りまのさん
      スキッパーさん
      夜遅く、失礼します。フォローに答えて頂き、ありがとうございました!素敵な本棚ですね。特に私は、この絵本が、可愛らしくて、気に...
      スキッパーさん
      夜遅く、失礼します。フォローに答えて頂き、ありがとうございました!素敵な本棚ですね。特に私は、この絵本が、可愛らしくて、気になりました。
      2021/01/07
    • スキッパーさん
      りまのさん☆
      コメントありがとうございます。返信遅くなってすみません。こちらこそ、フォローありがとうございます!
      りまのさんの本棚も面白...
      りまのさん☆
      コメントありがとうございます。返信遅くなってすみません。こちらこそ、フォローありがとうございます!
      りまのさんの本棚も面白そうな本ばかりで、参考になります。
      これからもよろしくお願いします☆
      2021/01/11
  • なんだか夢が詰まってていいなぁ。

  • 〝胡桃の なかには 何がある? なかに ちいさな ちいさな 宝ものが いっぱい 詰まってるかもね〟〝胡桃のなかで カラ-ン、カラ-ン...って 音が聞こえたら?〟・・・子どもの想像力が、いっぱいにひろがって、夢を紡いでいく絵本。 胡桃の種が〝土の中で水を吸ってをおろし、光に向かって芽を伸ばす。 何年も、何年もかけて大きくなって、春になると黄緑色の房の花と小さなクリ-ム色の花が咲く・・・やがて、秋になると、たくさんの実をみのらせる。ポトン、ポトン...落ちた実から現れたのは...新しい胡桃! 沢山の胡桃!〟

  • このシリーズ可愛いくてとてもほっこりします。

  • 子供の頃はどんなものにもこういう世界があると思っていて空想の世界に入り込んでいた。この絵本もそんな子供の頃のフワフワした感覚を思い出させてもらえる。優しくなれる絵本。

  • くるみの中には、何がある?くるみの中から大きな街に話が広がって、そしてくるみの木の成長に繋がります。とても幻想的な絵が美しい絵本です。大人向けな内容かもしれません。

  • くるみの中 夢広がる

  • くるみの中には何がある?
    想像がふくらむ。
    シンプルだけど、だからこその魅力があるね。

  • 《本屋》【再読】胡桃の実の中の不思議な世界。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。玩具メーカーの企画デザイン室を経て、渡米。カリグラフィー、水彩画、銅版画などを学ぶ。絵本に『ハムスターのハモ』『チュウとチイのあおいやねのひみつきち』『ちいさなふたりのいえさがし』(福音館書店)、『さんびきのこねずみとガラスのほし』(徳間書店)、『あなふさぎのジグモンタ』(ひさかたチャイルド)、「プリンちゃん」シリーズ(理論社)、『ねばらねばなっとう』(ひかりのくに)、『くるみのなかには』『ピンクいろのうさぎ』(講談社)挿絵の仕事に『ねずみの家』(徳間書店)、『クリスマスのりんご』(福音館書店)、『雨がしくしく、ふった日は』(講談社)など多数。

「2023年 『うみのたからもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たかおゆうこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×