ほしをさがしに (講談社の創作絵本)

  • 講談社
4.08
  • (23)
  • (22)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 405
感想 : 30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333406

作品紹介・あらすじ

ある冬の夜、ねずみはながれぼしをみつけました。
「おちてきた ほしをみつけて ねがいを かなえてもらおう!」
つぎの朝、ねずみがでかけると、雪の上にみたことのないあしあとがありました。ねずみは、ひとつの願いを胸に、あしあとを追いかけていきましたが……。
いきいきと描かれた動物たちが紡ぎだすあたたかな物語。
「第7回KFS絵本グランプリ」受賞作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あーなんて愛らしい絵本
    動物たちのリアルな絵
    まっ白い雪に残るあな
    流れ星?

    先日の「絵本クラブ」で教えていただきました
    しもかわらゆみさんの
    ワイルドライフアート(動物細密画)!

    動物たちの目線に心が緩みます
    すっかりファンになりました

    二月の「読み聞かせ」にぜひ使いたいと思います

    ≪ あしあとは ながれぼしだよ はねてるよ ≫

  • 表情が素晴らしい一冊。

    小さな子はねずみから、大きな子は熊まで…文句なしに絵が可愛い。
    どの子も毛並みはもちろん、表情、特に瞳が素晴らしい。見つけた時の好奇心旺盛な瞳、ちょっと優しい瞳。さまざまな感情が伝わってくるほど。

    この子達はまるで"チームながれぼし"だね。
    一丸となって探す姿は微笑ましい。

    ラストはおもいっきり心ぽかぽか!イガイガ気分を滑らかに和らげてもくれた。

    ねずみくんのねがいごとはきっと今の世の中の誰ものねがいごとでもあり、きっと誰もが幸せな気持ちに包まれるに違いない絵本。

  • 〝「あっ、流れ星!」ある冬の夜、ネズミは思わず叫びました。「流れ星は、願いを叶えてくれるんだよ」 そう、教えてくれたのは、仲良しのモグラでしたが、雪が降ってからはずっと会っていません 「会いたいなぁ・・・そうだ! 落ちて来た星を見つけて、願いを叶えてもらおう!」...次の朝、早起きして外に出ると、ポツン、ポツン、・・・雪の上に見たことのない足跡がありました「きっと、流れ星が跳ねていったんだ」 ネズミはひとつの願いを胸に、足跡を追いかけていくと・・・〟冬ごもりの動物たちが登場する、温かな友情の物語。

  • 絵がいいなぁ。
    特に、あしあとがなくなったページの絵!動物たちの視線から、ドキドキワクワクが伝わってきました。
    お話自体もほっこりと、あたたかい気持ちになりました。

  • 4歳5ヵ月。図書館

    起承転結がしっかりとしていて
    分かりやすい絵本。

    そして、絵とストーリーがすごく素敵。
    表紙の絵からもう、心を奪われる。

    ねずみともぐらは大の仲良し。
    降り積もった雪でなかなか会えなくなった時、
    流れ星が落ちた。

    流れ星は願いを叶えてくれる。

    「あの星にもぐらくんと会えるよう頼んでみよう」

    そこから始まった星さがし。
    見つけたら穴は果たして星の足跡なのかな?

  • リアルな毛並みの動物たち、絵がとても美しくて優しい雰囲気が漂う絵本。
    ながれ星を追いかける純粋さや、仲間たちの優しさにも胸が温まります。
    必死で流れ星を追いかけて叶えたかった願い事に、そうだったんだね、と癒されます。

  • この人の絵は本当に毛並みが繊細でふわっとしていて可愛いですね、、、

    落ちた流れ星のあとを追いかけるネズミくん
    道中、いろんな動物たちも合流して流れ星のあとを追いかけます。

    これは本当の流れ星!仲良しの2人が可愛い!

  • ストーリーは単純だけど絵がかわいくて好き

  • 2024.2.15 3-2

  • 絵がきれい。おはなしもいい。ラストでほっこり。長く読まれる絵本になりそうな気がする。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

しもかわら ゆみ/絵
東京都出身。絵本作家・イラストレーター。講談社フェーマススクールズでイラストレーションと動物細密画を学び、2014年『ほしを さがしに』(講談社)で絵本作家デビュー。主な作品に『わかってるって』『むれを みちびく ゾウの じょおうさま』(以上、イマジネイション・プラス刊)、『おすわり どうぞ』『ねえねえ あのね』(以上、講談社)、『おんなじ だあれ?』(あかね書房)など。本書はアメリカの出版社からの依頼で絵を担当、シリーズとして続く予定。千葉県在住。

「2023年 『むれを みちびく ゴリラの おうさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

しもかわらゆみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×