えほん はりねずみのルーチカ りんご とれるかな? (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (7)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 147
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333444

作品紹介・あらすじ

はりねずみのルーチカが、さんぽにでかけます。
おいしそうなりんごが木になっているのをみつけたけれど、なかなかとれません。
さあ、どうしたらとれるかな?
人気童話シリーズ「はりねずみのルーチカ」が、幼年向けの絵本になりました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハリネズミならではのオチがよい

  • 5才の娘が大好きな絵本。字数が少ないし、もっと小さな子向けだろうけど、ルーチカ読む!と絵のとりこみたい。お話も可愛らしい。

  • 読了 1y8m

  • はりねずみのルーチカが、木の上のリンゴを取るために…とてもシンプルな内容だけど絵が鮮やかで可愛らしい。幼児向けのわかりやすい内容です。

  • ●読み聞かせ。
    ●たくさんりんごが取れてよかったね。

  • かわいいから!星5つ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

  • りんご、川に落ちたり転がったり、最後に木にぶつかってたくさん針に刺さる

  • はりねずみってこんなに可愛かった?『ルーチカ』シリーズの魅力|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部
    http://news.kodansha.co.jp/5616?utm_source=bookclub&utm_medium=carousel&utm_campaign=180118harinezumi

    講談社のPR
    はりねずみのルーチカが、さんぽにでかけます。
    おいしそうなりんごが木になっているのをみつけたけれど、なかなかとれません。
    さあ、どうしたらとれるかな?
    人気童話シリーズ「はりねずみのルーチカ」が、幼年向けの絵本になりました。
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061333444

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

神奈川県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業。児童書に、「はりねずみのルーチカ」シリーズ、「りりかさんのぬいぐるみ診療所」シリーズ(ともに作・かんのゆうこ/講談社)、絵本に『マーシカちゃん』(アリス館)、『マッチ箱のカーニャ』(白泉社)、『小学生になる日』(新日本出版社)など。書籍挿画に「安房直子コレクション」(全7巻/偕成社)などがある。2005年、2015年に、ボローニャ国際絵本原画展入選、2009年『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(作・小手鞠るい/講談社)が、ボローニャ国際児童図書賞受賞。

「2023年 『はりねずみのルーチカ 精霊たちのすむところ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北見葉胡の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×