キノキノとポキの ふしぎなみ (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333451

作品紹介・あらすじ

はたらきもののポキとなまけもののキノキノは、森の木に住むこびと。
ポキはまるい木を、キノキノは三角の木をそれぞれお世話をするのが仕事です。

ある冬、わたりどりがやってきて、キノキノの木に、べっちょり、フンを落としていきました。
「わーん、ベトベトだよう!」

だけど、どのフン、ただのふんではなかったのです。キノキノが一生懸命お世話をすると、素敵なことがおこりました。

子どもに自然の豊かさや生命力、四季の移り変わりをやさしく伝える絵本。四季のうつろいを眺めるように、ページをめくる楽しさが待っています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 二本の樹に宿った、小人の話。2人の小人の性格の違い、樹の違いが対比的に描かれていて、そこに自然のハプニング。小人のかわりゆく姿が色鮮やかに可愛らしい絵で描かれていて個性的で面白い絵本だと思う。

  • 渡り鳥の落し物が ステキな実に♪

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

種村有希子(たねむらゆきこ)
1983年、北海道釧路市生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト入選。2012年『きいのいえで』で第34回講談社絵本新人賞受賞。作品に『サンタクロースになるひ』、『だれのおとしもの?』、『かくれんぼ』、『ようちえんのおひめさま』、『きょう、おともだちができたの』、『あのこのたからもの』、挿絵に『まじょのむすめ ワンナ・ビ―』ほか。

「2020年 『まなちゃんはおおかみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

種村有希子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中川ひろたか
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
モーリス・センダ...
ヨシタケ シンス...
エリック=カール
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×