どすこい すしずもう (講談社の創作絵本)

  • 講談社
4.17
  • (15)
  • (12)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 332
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061333512

作品紹介・あらすじ

イカ、タコ、サーモン、イクラ、うなぎ、たまご……、すし力士たちの土俵入り。ネタとネタの真剣勝負。はっけよーい、のこった!
リアリティあふれる卓越した画力で、すし力士たちの熱きたたかいが描かれます。
最後にはいよいよ横綱・大トロが登場。結びの一番、勝負はいかに?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメ化とのことでこちらの絵本を知り購入いたしました。
    絵が独特で素敵です。イラスト、というより絵画的で、あたたかみのある色使いもきれいでおすしという身近なモチーフですがしばらく眺めたくなる絵だなと思いました。
    おすしの特徴がよく活かされており、地域の特産品が学べるのも面白いです。食育にもよさそう!

  • 3歳5ヶ月息子

    大相撲は毎回観るので相撲の絵本も好きみたい。
    躍動感のある絵がいいのと、実況風に読むとさらに盛り上がれる。寝る前に読むが母も楽しい。

  • 4歳2ヶ月 図書館
    お寿司がお相撲をとっているのが面白かったみたいで、読む回数は多めだった。日常生活でも「どすこいすしずもう!」と言ったりしていた。
    普通の相撲と違うから、なんで勝ったのか負けたのかがよく分からなかったみたいで、よく「なんで?」と聞いてきていた。

  • お相撲だいすき。毎場所テレビで見て応援している。
    そんな3さい、このシリーズにハマっている。

  • 記録

  • 息子6歳11ヵ月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読むようになってきて、母はサミシイ。

    〈親〉
    絵が好き
    内容が好き ◯

    〈子〉
    何度も読む(お気に入り) ◯
    ちょうど良いボリューム ◯
    その他 

  • 4歳くらいにおすすめ ありつん

  • おすしが大好きな息子と図書館で借りて読んだ絵本。
    おすしの相撲シーンを見て、私(母)や祖母・祖父とおすもんさんごっこをして盛り上がった一冊。

  • 6/18は国際寿司の日
    人気のネタが、すし力士になって土俵入り。
    すし力士たちの熱き戦いが始まります!

  • 絵と構図がダイナミック!

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年岐阜県生まれ。美術作家。
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業後、株式会社白組に入社し、ビジュアルエフェクトデザインを担当。立体造形などを用いて、さまざまな特殊映像作品を手がけている。
絵本作品に『タップのゆめ』『そらとぶでんしゃ』「どすこいすしずもう」シリーズ(講談社)、『おたんじょうびケーキ』(ブロンズ新社)などがある。

「2023年 『どすこいすしずもう やさいばたけでおおあばれ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アン・マサコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×