新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ (児童文学創作シリーズ)

  • 講談社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061335240

作品紹介・あらすじ

日本で初めての本格的ファンタジーとして、1959(昭和34年)の初版から読みつがれてきた傑作「コロボックル物語」シリーズ。毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞も受賞しています。また、最近では人気作家の有川浩氏が、佐藤さとる氏公認で書くことになっている「続編」にも注目が集まっています。
 このたび、「コロボックル物語」でデビューし、その挿絵を手がけてきた画家・村上勉氏が、画業50年を迎え、創作の集大成として、すべての挿絵を新たに描き下ろしました。
 円熟したイラストとともに、手に取りやすいサイズで刊行する「新イラスト版 コロボックル物語」です。

 小山にすむ小人の一族、コロボックルたちは、むかし豆つぶほどの小さないぬを飼っていた。コロボックルよりも、もっとすばしっこくて、りこうな動物だったという。
 ところが、死にたえたといわれていたそのマメイヌが、いつまでも生き残っているらしい。
 マメイヌさがしに、コロボックルたちの大かつやくがはじまった。
「だれも知らない小さな国」の続編。 

※小学5年以上漢字にルビつき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく題名が素晴らしすぎると思うのです。豆つぶほどの小さないぬってなんだよ!めちゃくちゃかわいいな!

全1件中 1 - 1件を表示

佐藤さとるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする