クオリティ・ライフの発想 (講談社文庫 わ 5-1)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061341678

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 散歩は知的時間帯になる。虚栄と競争心が入り込む余地がないから。
    喫茶店で読書する。英語やドイツ語で学問の本が読めるのと週刊誌が読めるのと週刊誌が読めるのは違う。アメリカでも主要大学は全部私立。アメリカ人は出身大学をあまり気にしない。出身大学がどこであっても、生き生きとした人間がたくさん誕生している。知性の一番本当のところは受けることにある。あるいは、受身的である。
    コモンセンス、つまり常識を練る事。あるいは深い判断力を持つということはどれだけ本を読んだかではなく、むしろどのくらい静かに気持ちを維持して、自分の人生を見て考えていたかということなのである。
    本というのは我々がふつうは会えないような偉大な天才にもめぐりあえるという恩恵を与えてくれる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

上智大学名誉教授。英語学、言語学専攻。1930年、山形県鶴岡市生まれ。1955年、上智大学大学院修士課程修了後、ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学へ留学。ミュンスター大学における学位論文「英文法史」で発生期の英文法に関する研究を発表。ミュンスター大学より、1958年に哲学博士号(Dr.Phil.)、1994年に名誉哲学博士号(Dr.Phil.h.c.)を授与される。文明、歴史批評の分野でも幅広い活動を行ない、ベストセラーとなった『知的生活の技術』をはじめ、『日本そして日本人』『日本史から見た日本人』『アメリカ史の真実(監修)』など多数の著作、監修がある。2017年4月、逝去。

「2022年 『60歳からの人生を楽しむ技術〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部昇一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×