脱出 (講談社文庫 に 1-7)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061361942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 混血児サチオの脱出に4人が何のために協力するのか。初期の西村京太郎作品にみられるミステリーと社会風刺が噛み合って一気に読みました。

  • 国際結婚で生まれた子供を扱った社会派小説
    アメリカの黒人と日本人との混血であることから日本社会に馴染めず
    ブラジルへの移民として出発しようとしている前夜
    誤って人を殺してしまう主人公
    ブラジル行きを助けようという様々な人達
    機に乗じて画策する人達
    事件は思わぬ展開に

  • サチオの逃亡に便乗して利用しようとする者、純粋に逃亡を助けようとする者。サチオの気持ちを考えたら切なくなった。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    ブラジルへ渡航寸前、ふとした口論から1人の男を刺殺してしまった混血児・岡田サチオ。夜の新宿を逃げまわる彼に救いの手を伸べてきた4人の若者がいた。週刊誌記者、学生、歌手志望の男、ゴーゴーガール。彼等はサチオの渡航を助けようとするが真意は何なのか。息詰まる迫力で展開されるサスペンス劇。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九三〇(昭和五)年、東京生れ。鉄道ミステリ、トラベルミステリの立役者で、二〇二二年に亡くなるまで六〇〇冊以上の書籍が刊行されている。オール讀物推理小説新人賞、江戸川乱歩賞、日本推理作家協会賞など、数多くの賞を受賞。

「2022年 『十津川警部と七枚の切符』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×