たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

制作 : Tove Jansson  山室 静 
  • 講談社
3.77
  • (168)
  • (167)
  • (293)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1415
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061380622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ムーミンは好きだ

  • いろいろなぼうけんがあって、とてもおもしろいし、なぞときみたいに、いろんなじけんがあって、話もまざるから、とてもおもしろくふしぎな本です。よむのがおもしろくて、いろいろなそのムーミンシリーズをよんでいます。

  • アニメ「楽しいムーミン一家」の初期ストーリーはほぼこの本から。
    トーべ・ヤンソンの挿絵がすばらしい。

  • たしかに哲学的

  • なんか読みづらかった。童話的なのは、日本のがいいなぁ。
    というか、訳された本が好きではないのかもと気づき始めた。

  • ムーミンって、昔アニメで見たような気がするけど…
    こうゆう感じだったかな?

    さし絵が、たまらなくかわいい。
    あんなにかわいい絵が描いてあるのに、結構みんなひどいこと言ったり、悪いことしてる。
    とりかえっこしようなんて、気軽に言えない。。

    でも全体的には穏やかであたたかいから素敵*

    スナフキンの名言目当てで読んでみたんだけど、確かにかっこいい。
    もうちょっと大人なイメージだったけど子供っぽいところもあって、魅力的です。
    「ひみつ!」の口笛、吹かれたい!

    いろんな人がいて(復讐したい気持ちになったり、皮肉言ったり、人のもの盗ったり)いろんな事が起きて、
    でもみんな、受け入れるというか、、(軽く流すというか)
    イヤな気持ち・言葉を引きずることはなく、
    楽しい事をどんどん見つけて過ごしてるところが、とっても良い*

    わたしも広い心を持ちたいし、
    こうやって小さな楽しい事を大切に、全力で楽しみたい!!

    みんなとっても素直。、、そして自分勝手。
    でもその人自身を認めてるから、みんなで楽しく暮らせる。
    こんな風には生きられないからこそ、読みたくなる。
    ちょっと心が軽くなります*

  • さいごの章の飛行鬼のことを思い起こすとジーンとする
    自分のことを思ってくれる人の存在がいちばん
    あったまるな~

  • ムーミンの世界に遊びに行くような気分。子供のころに何度も何度も読み、今でも読んでいる大好きな本。幸せな気分になる。

  • ムーミンを取り巻く仲間とのほのぼのとした日常が心休まります☆

  • 実は齢五十〇歳にして、ムーミンを読むのは初めてです。アニメも見ておりません。とても楽しい本です。神経に堪える刺激に溢れている現代、心を癒されるような美しく楽しいお話をときに読むのは必要です。
     ムーミン一家は自然とともに暮らし季節の実りを楽しみ小さな冒険をしたりして暮らしています。
     自然に親しんで暮らしてきた私達日本人の先祖を思わせるような暮らしとユーモア、豊かな想像力はどぎつい刺激にささくれ立った神経を鎮めてくれます。いい年をして何ですが私もムーミン谷を訪れて、ムーミンたちと暮らしたくなりました。

全173件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。「ムーミン」シリーズ全9作のほか、伝記的作品に『彫刻家の娘』、短編集に『少女ソフィアの夏』がある。(ともに講談社)。2001年6月没。

「2019年 『リトルミイ ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たのしいムーミン一家 (講談社文庫)のその他の作品

トーベ・ヤンソンの作品

ツイートする