たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

制作 : Tove Jansson  山室 静 
  • 講談社
3.77
  • (168)
  • (167)
  • (293)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1415
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061380622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飛行おにが出てくる。
    彼がすき。

  • アニメ版のイメージとは全然違いましたが思っていた以上に楽しめました。シュールな部分があったり、皮肉めいた部分があったり。意外とムーミントロールはワイルドな口調だったり。飛行おにの話、モランの話、それらがちゃんと繋がっていて良かったです。個人的にムーミンママのセリフに、心に残るものが多かったです。スニフのおつむの足りない感じがかわいい!(笑)

  • 「飛行鬼」という言葉の不吉さ。

    マメルク釣りの大冒険!

    わくわくできる話の構成。

    けして飽きません。
    何回読んでも、鮮やかに!

  • 一番はじめに読んだムーミンかもしれない。
    そこはかとなく、暗いし皮肉が見え隠れしてる。
    また、読み返してみようかな。

  • ムーミンシリーズってたまに無性に読み直したくなるんですよねー。
    意外とシュールで淡々としてるけど、大切にしたい言葉とかいろいろたくさん詰まってる大好きな本です。

  • ムーミンシリーズは本当に名言が多くて、はっとさせられる。
    風刺と倫理。哲学。そして思いやりと賢さ。全部詰まってる。

    「あんまり誰かを崇拝したら、ほんとの自由は得られないんだぜ」

  • いわずとしれた、ムーミンシリーズ。

    大人になっても、もちろん楽しめるけど、
    子どもにとっても、ムーミンの冒険や友情や恋など、
    ワクワクすることがいっぱい!

    ムーミンパパの冒険心や、
    ムーミンママの優しさや、
    スナフキンの自由を求める心や、
    ミィのちょっと皮肉屋だけど、芯のある性格など、
    ステキなキャラクターだらけ!

  • 080419(m 080421)
    080604(c 080609)
    080831(a 080914)
    090811(a 090823)
    091209(c 091220)
    100204(m 100307)
    100506(m 100529)

  • Lo leí desde hace 15años más o menos como había pensado que hubiese una buena manera de que pensar mi misma o sobre mi niñera.

    Bueno, todavía es una bune cuenta y aún yo, una chica de 27 años y tengo tanta experiencia y había expelimentad muchas cosas dificiles,
    podía disfrutar la cuenta.

    Asi que digo es un buen libro y lo doy 4 estrellas.

  • 言わずと知れた童話、ムーミン。
    アニメ版では青やグレー?に塗られているムーミン一家だけど、本当は皆真白。
    大きさは電話帳ぐらい。
    スナフキンとミィは兄弟。
    いたずら好きで、皆に嫌われているスティンキーは、本当は良い奴。
    ムーミンママそれを知っている。


    アニメでは冬の回が一番好き。
    原作はまだ全部読んでいないので、これから徐々に購入していく予定。

全173件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。「ムーミン」シリーズ全9作のほか、伝記的作品に『彫刻家の娘』、短編集に『少女ソフィアの夏』がある。(ともに講談社)。2001年6月没。

「2019年 『リトルミイ ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たのしいムーミン一家 (講談社文庫)のその他の作品

トーベ・ヤンソンの作品

ツイートする