冒険者たち: ガンバと十五匹の仲間 (講談社文庫 さ 12-1)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (6)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061380707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 信頼している人に、お勧めの「竹島」に関する本を訊いた。そのうち図書館に届く。今から読むのが愉しみ、、、その前に気持ちを引き締めるために、また「冒険者たち」を読もう!!!

    岩波書店のPR
    イタチと戦う島ネズミを助けに,ガンバと15ひきの仲間は,船で夢見が島に向いました.しかし,白毛のノロイがひきいる,どうもうなイタチの群れに追いつめられ,海岸の岩山で最後の決戦の時をむかえます.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b269519.html

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      此の作品と、一緒に読みたいのが、

      おおやさんはねこ|福音館書店
      https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=...
      此の作品と、一緒に読みたいのが、

      おおやさんはねこ|福音館書店
      https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1025

      何故かって?それは、ご自身でご確認を、、、
      2022/04/27
  • 4-06-138070-2
    ●斎藤敦夫

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

斎藤惇夫 1940年新潟市生まれ。小学校一年から高校卒業まで長岡市ですごす。長年子どもの本の編集に携わり、現在は、著作と、子どもの本の普及活動を続ける。著書に『グリックの冒険』『冒険者たち』『ガンバとカワウソの冒険』『哲夫の春休み』(以上、岩波書店)、『おいで子どもたち』(日本聖公会)、『現在、子どもたちが求めているもの』『子どもと子どもの本に捧げた生涯』(以上、キッズメイト)、講演録に『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』(教文館)などがある。

「2017年 『河童のユウタの冒険(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤惇夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×