ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)

制作 : 小野寺 百合子 
  • 講談社
3.87
  • (64)
  • (55)
  • (88)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 512
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061381032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "彼はミムラといっしょに、朝日がのぼるまで、ぶらんこにのっているつもりだといっていました。"

    この一文だけでもう。
    溢れんばかりの喜びと幸せを感じる。
    恋ってこういうこと。

  • ムーミン童話シリーズ第6作目。いつもムーミントロールのやんちゃを温かく見守っているムーミンパパの青年時代のお話。孤児だったムーミンパパは捨て子ホームを抜け出し、さまざまな冒険のなか大切な仲間と愛するムーミンママに出会うまでのパパ執筆の『思い出の記』は、ファンタジー作品と呼ぶだけではもったいないくらい教訓が盛り沢山!! ムーミントロールの大親友スナフキンやスニフのパパたちも登場し、登場人物の相関が緻密でヤンソンの発想&独創力に改めて感服です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ファンタジー作品と呼ぶだけでは」
      パパのパパたる所以が判る最高の一冊ですね。そんな訳で私はムーミンシリーズでは一番好きです。
      「ファンタジー作品と呼ぶだけでは」
      パパのパパたる所以が判る最高の一冊ですね。そんな訳で私はムーミンシリーズでは一番好きです。
      2012/07/02
  • ヨクサルがお気に入りですw
    お化けも好きですw

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「お化けも好きですw 」
      ムーミンシリーズでは一番好きな作品。
      「お化けも好きですw 」
      ムーミンシリーズでは一番好きな作品。
      2013/06/26
  • ムーミンパパが青春時代にした数々の冒険の話。
    これを読んでからム-ミンの物語や登場人物に、ますます親しみがわいてきて、今までよりもっと面白く読めるようになった。

  • 祝! ミィ誕生♪  アニメなんかではかなり強烈な個性を発揮していたミィがこの巻で文字通り生まれました。  でも、今のところスナフキンは生まれていない(みたい)なので、ミィがお姉さんっていうことになるんですかねぇ・・・・・。  何だか逆のように見えなくもないと思うんだけど・・・・・ ^^;  

    「たのしいムーミン一家」でムーミン・パパが不幸な子供時代を送ったというお話があったけれど、まさかムーミン・パパが捨て子だったとはちょっと驚きでした。  そうであるだけに、彼の自己紹介のセリフ

    「ぼくは特別な星の下に生まれた、ひとりぼっちの避難民です。」

    というヤツにはちょっとだけやられちゃいました(笑)  まあ、KiKi にはちょっとだけ効果のあったこの自己紹介、何かとお忙しい「やまあらしさん」には全く響かなかったみたいですけど。

    (全文はブログにて)

  • 若い頃のムーミンパパが友人たち(スナフキンとスニフとミイの…)と、ムーミンママに会うまでの物語。うみいぬがナニモノだったのかが最大の謎。

  • 初めて、ちゃんとトーべ・ヤンソンが書いたムーミン作品を読んだ。カオス。でも、ヨクサルのフリーダムさが面白かった。2011.3.20

  • ムーミンの童話シリーズ第4弾。

    ムーミンパパは、ママにすすめられて自分の過去にあった冒険、楽しかったことやつらかった出来事をすべて本に書き記すことにしました。

    尊敬するフレドリクソン、スニフやスナフキンのお父さんのロッドユールやヨクサルとの船旅、ムーミンママとの出会い…
    そしてその物語を、次の世代のムーミンたちに語っていきます。

    この本はすべてがパパの語り口調でかかれており、自分も個性的な登場人物たちとともに冒険しているようなたのしい気分になれます。

  • ヨクサルに虜になった本。ムムリクっつーより猫っぽい気がしてならない。

  • 風邪をひいて怒りっぽくなったパパの気を紛らそうと、ママが自伝を書くのを薦めて、パパがそれをこどもたちに読んで聞かせてあげる、というお話です。なので若いときのパパと、今のパパが交互に出てきます。

    ムーミンパパは、なんと捨て子で、気難しのヘムルが運営する規則だらけのホームに居たのですが、そこを逃げ出してフレドリクソンという発明家に出会います。そしてフレドリクソンの発明した船に乗り、彼の甥っ子ロッドユールと、ともだちのヨクサルと一緒に冒険に出かけて、、、パパがムーミンママに出会うところまでを 「思い出の記」 としてまとめたもの。
    ドラゴンが出てきたり、おばけが出てきたり、とても楽しいお話です。

著者プロフィール

1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界中で評判に。「ムーミン」シリーズ全9作のほか、伝記的作品に『彫刻家の娘』、短編集に『少女ソフィアの夏』がある。(ともに講談社)。2001年6月没。

「2019年 『リトルミイ ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ムーミンパパの思い出 (講談社文庫)のその他の作品

トーベ・ヤンソンの作品

ツイートする