武器としての決断思考 (星海社新書)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (416)
  • (928)
  • (749)
  • (158)
  • (38)
本棚登録 : 6953
レビュー : 901
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京都大学客員准教授でありエンジェル投資家であり星海社新書の軍司顧問でもある瀧本氏による意思決定のマニュアル。
    ・前提を疑う。
    ・情報は原典にあたる。
    ・裏をとるのではなく逆をとる。
    ・反論に耐えたメリットとデメリットを比較して決断する。
    ・どちらが重要か「質×量×確率」で考える。
    ・客観を経て主観で決断する。
    ・賛否両論でも決める事が大事。
    ・正解ではなく今の最善解を導き出す。
    といったような流れでディベートの方法がかなり詳しく掘り下げられている。
    具体例もわかりやすく、かつ興味深い。「日本は原発を全廃すべきか否か」「第二志望の会社のみ内定が出た状況で就職活動を続けるべきか否か」など。
    エンジェル投資家としての経験談(暴落した会社の株を買って儲かった話など)も面白かった。
    <メモ>
    三大推論である演繹・帰納・因果関係のうちもっとも詭弁を生みやすいのは因果関係。因果関係を用いて推論する場合には「因果関係が逆になっていないか」「因果関係と相関関係を混同していないか」「特定の原因にのみ着目していないか(原因をMECEに分解できていないのではないか)」の3点に注意する。
    <印象に残ったフレーズ>
    賛成の意見と反対の意見を適当にばらまいて、議論の収拾をつかなくし、現状を存続させる方向にもっていくのは、情報コントロールの基本中の基本。

  • これまでの常識が通用しないカオスな時代を生き抜くための意思決定の方法を学び、決断力を身につける=「自分で答を出すための思考法」を学ぶことができる本

    とにかく論理的な考え方とはどういったものなのか
    感情的ではないきちんとした議論をするとはどういったものなのか
    とても勉強になる本である

    以下、読書メモ
    【各章のまとめから】
    ・「知識・判断・行動」の3つをつなげて考える。
    ・エキスパートではなく、プロフェッショナルを目指そう。
    ・「正解」はない。だから、自分で答を出す方法を学ぶ。
    ・正解ではなく「いまの最善解」を導き出そう。
    ・結論を出すことが大事。
    ・「知識・判断・行動」に加えて、「修正」の考え方を身につけよう。
    ・ゲリラとして最前線で戦うことを選ぶなら「ブレる生き方」をめざせ。
    ・議論(テーマ)は、「すべきか、否か」にする。
    ・問題が大きすぎて漠然としているときは、小分けにして考えよう。
    ・同時に複数の論題について考えることを習慣にしよう。
    ・どうでも良い議論に時間を欠けることはもうやめよう。
    ・「メリット」と「デメリット」を比較しよう。
    ・メリットとデメリットにはそれぞれ3つの条件がある。
    ・主張が3条件を満たしているかどうか、しっかりチェックしよう。
    ・反論は、メリット・デメリットの3条件に対して行う。
    ・読書は格闘技だ。
    ・論理的にツッコミを入れて、主張が正しいかどうか検討しよう。
    ・「正しい主張」には根拠がある。
    ・その「根拠」は、反論にさらされていて、なおかつ耐えたものだ。
    ・裏を取るな、逆をとれ。
    ・相手の主張の「推論」の部分に目を向けよう。
    ・情報を鵜呑みにするな。
    ・自分の頭と足を使って「価値のある情報」を取りに行こう。
    ・反論に耐えたメリットとデメリットを比較して決断して以降。
    ・どちらが重要かは「質×量×確率」で考えよう
    ・自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていく。

    【本全体のまとめから】
    ・世の中に「正解」なんてものはない。
    ・正解がわからないから動かないのではなく「いまの最善解」を導き出して、とにかく行動することが重要だ。
    ・根拠を比較して得た結論を、とりあえずの「答え」にしよう。
    ・前提が間違っていたら修正して、また行動すればいい。それがさらなる最善解に近づくための「決断思考」だ。
    ・ディベートの手順なんて忘れてもいい。この本を読んで、一つだけ忘れずに心に留めておいて欲しいのは、「自分の人生は自分で考えて自分で決めていく」ということ。
    ・思考停止だけは避けるべきだ。
    ・決断思考を手に入れたら、明日からの人生を力強く歩んでいって欲しい。武器を持った君たちが、未来をつくるのだから。


  • 変化の早い時代だからこそ、自分の頭で思考し、自分で決断し、人生を切り開くべき。

    ①マインド
    ・修正主義の考え方を武器に、自力で同時点での最適解を導く。 ※修正主義(知識、判断、行動、(修正))
    ・変化の早い時代を自力で生きていくには、ブレる生き方を選択する。

    ②手段
    ・マッキンゼー流ディベート説法を身に付け、正しい情報収集能力と判断が下せる思考法を体得する。

    a議題(決断すべき事項)は、『〜すべきか否か』まで落とし込む。
    bメリデリをロジカルに抽出。
    c抽出事項に2.3度の反論と再反論を入れ、論破されたものは削る。
    d生き残った要素を『質』×『量』×『確率』で比較し、決断を下す。

    ・本当に価値のある情報は自力で、足で稼ぐ。『実は〜…』というのものが、裏にある真実の情報。

  • 人間は考える葦であるというパスカルの言葉にもあるように、

    人間が人間たる理由は「思考」だ。

    この自分の思考の仕方自体を考えるきっかけとなる本。

    結論には根拠があり、
    その根拠には推論がある。

    その推論には、
    アリストテレスが体系化した・「演繹」
    ・「帰納」
    ・「因果関係」
    の三大推論がある。

    物事の思考にこのフレームワークが使える。

    また、
    絶対解ではなく最善解を常に求めていく姿勢が、謙虚さであり、自分の頭で考えるという進化進歩の姿勢だ。

  • ディベートのフレームワークを実例を交えて教えてくれる本。
    今までの自分はディベート思考で考えたことがなかったため、非常に新しい考え方でした。

    自分のメモとして、ざっくりと記載します。
    ---
    意思決定をするための方法の具体的な方法として、ディベートが存在している。
    意思決定をするための題材は、「具体的な行動を取るべきか否か」と言う題材を扱い、また、漠然とした大きな問題の場合は小さな問題に落としこんでそれぞれディベートを行ないます。
    ディベートでは、賛成派と反対派にわかれ、それぞれメリット、デメリットを主張し、第3者がメリット、デメリットの主張を聞いて、より良い主張の提案として採用します。
    主張を行うためのフレームワークは以下のとおり
    <メリットの主張>
    ①内因性(何らかの問題があること)
    ②重要性(その問題が深刻であること)
    ③解決性(問題がその行動によって解決すること)
    <デメリットの主張>
    ①発生過程(論題の行動を取ったときに、新たな問題が発生する過程)
    ②深刻性(その問題が深刻であること)
    ③固有性(現状ではそのような問題が生じていないこと)

    それぞれの主張を跳ね返すための反論のフレームワークは以下のとおり
    <メリットへの反論>
    ①内因性への反論=そもそも問題なのか?
    1-1:主張した行動を取らなくても問題は解決する
    1-2:そもそも現状に問題はない
    ②重要性への反論=問題だとして、大した問題ではない
    2-1:質的に重要ではない
    2-2:量的に重要ではない
    ③解決性への反論=重要な問題だとしても、その方法では解決しない
    3-1:主張した行動を取っても別の問題が生じるため、問題は解決しない
    3-2:主張した行動は問題の原因を正しく解決しない
    <デメリットへの反論>
    ①発生過程への反論=新たな問題は生じない?
    1-1:主張した行動だけでは、デメリットになりえない
    1-2:主張した行動の影響はデメリットとしては弱すぎる
    ②深刻性への反論=問題が生じても大した問題ではない
    2-1:質的に重要ではない
    2-2:量的に重要ではない
    ③固有性への反論=重要な問題だとしても、すでにその問題は生じている
    3-1:主張した行動を取っていなくても問題は起こっている
    3-2:主張した行動をとらなくても、将来、同様の問題が起こる

    主張を崩すためには、主張と根拠の間にある、よく考えないと見えてこない「推論」があり、推論と根拠に対して反論を行えば良い。
    特に、推論の方法は演繹、帰納、因果関係の3つの推論方法があり、それらに対して反論を行なう。

    議論を行う準備として、主張とその反論をフローシートに記載し、議論の補強・改善していき、完成度を上げていく。

    世の中には正解がないので、そのときの最善策を提示して行動していくことが重要であり、前述の策の前提が間違っていたら、修正して行動する。
    ---

  • 武器としての決断思考とは、物事の決断を行うにあたり、ディベートの手法を取り入れるというものである。

    ディベートとは、ある命題に対して個人的見解に関わらず、肯定側・否定側に別れ、肯定側は命題を是とした時のメリットを第三者に論証し、それに対して、否定側はデメリットを論証していくゲームである。

    本書は、ディベートの基礎的なルールの紹介から始まり、「就職活動を続けるべきか否か」を命題として肯定側のメリットに関する立論・否定側のデメリットに関する立論及び肯定側のデメリットに対する反論・否定側のメリットに対する反論を例題として展開させ、最終的にそれらを比較することで、ディベートを意思決定に役立てるための、プロセスを判りやすく説明している。

  • これまでの価値観や方法が意味を無さなくなり、良い大学、良い会社に入れば人生安泰とは言えなくなった、変化の激しい今の時代において、より良く生きる為に重要なのは、「意思決定の方法」であると結論付けている。その意思決定のための具体的な方法としてディベートの考え方をケーススタディをまじえながら授業形式に解りやすく説明している。議論すべテーマの決め方やメリット、デメリットの反論の仕方、裏付ける為の資料の考え方等、学生だけでなく会社員の会議の仕方にも取り入れるべき手法が満載である。最終的には「自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていく」とまとめているがまさしく個人の価値観で生きて行く今の時代に必要な武器だと納得した。

  • 正しい主張の3条件
    1.主張に根拠がある。2.根拠が反論にさらされている。3.根拠が反論に耐えた。
    今の内閣に当てはまるものはあるのだろうか。

  • ディベートの考え方を個人の意思決定に応用すべく、具体的な方法が書かれている。逆に、細かい分析手法(ロジカルシンキング等)は思い切り省略されている。本書に書かれているのは、具体的に意思決定するための手順である。そして、この手順がまさにディベートの手法そのものなのだ。すなわち、ある主題に対して、賛成・反対のそれぞれの立場で問題点を考え、互いに徹底的に戦わせ、さらに審判として賛成反対のいずれが最善解であるか客観的な結論を出す。このすべてを自分の頭の中でやることにより、結論が強固な論理に裏打ちされたものとなり、自信を持って決断することが可能となるというわけだ。先にあげた、精緻な分析手法は、賛成・反対の立場で互いに議論を戦わせる際に必要となるはずである。単発的な思い付きだけで脳内議論を戦わせても、得られる結論は隙だらけになってしまうからだ。

    本書では、MECE等の用語については軽く触れて紹介しているだけだが、さらに深く学び応用することで、本書の内容がさらに活きてくるものと思う。なお、本の帯には「20代に読みたい思考の教科書」と書かれており、学生から30代の社会人がターゲットとなっているようだが、それ以上の年代であっても遅すぎることはないと感じる。決断が必要なシーンは常に存在しており、年齢が上になるほど、その決断が周囲に及ぼす影響も重く大きなものになってくるからだ。自分自身、これまでのビジネス経験の中で経験的に体得してきたことが整理され、頭の中がすっきりした気がする。また、足りない点についてもわかった。本書の基本的な思考方法が自家薬籠中のものとなるまでは、座右において事あるごとに読み返したい。

  • 本書では、ディベート思考が日々の個人の意思決定に役立つと述べられている。これからの時代、一定の答えのない問題に出くわす機会が増えていく中で、いかに最善解を出していけるかが大切だとの意見は共感できた。著書が担当する大学の多くの医学部生が起業論の授業を学んでいる実態を知り、彼らの多くが今まであった「医師は安泰」という考えに疑問を呈していることが分かった。最近は医師の数が増え、激務の割に報酬が少ないという実態が少からずあるということが彼らに不安を与えているのだという。私自身、定年まで1つの会社で働くということは全く考えておらず、その際は尚更自分で意思決定していく力が必要だと感じた。無批判に敷かれたレールの上で生きることは思考停止につながり、それは自分の人生に決定権を持つことを放棄していることと同じだと思った。これからは、メリットとデメリットを比較して最善解を出すディベート思考を活用していきたい。

著者プロフィール

瀧本哲史(たきもと てつふみ)
?(生年月日不明) ~ 2019年8月10日
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授、経営コンサルタント。東京大学法学部で民法を専攻し、卒業と同時に同大学大学院法学政治学研究科助手に。アカデミズムで大変評価されていたが、マッキンゼー&カンパニーに入社を経て、投資家として独立。若い起業家を支援するエンジェル投資家として活動しながら京都大学で教鞭をとり、多くの著名人に影響を与えてきた。著書に、『僕は君たちに武器を配りたい』(ビジネス書大賞2012受賞)、『君に友だちはいらない』『ミライの授業』(以上、講談社)『武器としての決断思考』(星海社)など。2019年8月10日、47歳で逝去したことが16日に報じられた。

武器としての決断思考 (星海社新書)のその他の作品

武器としての決断思考 新書 武器としての決断思考 瀧本哲史

瀧本哲史の作品

ツイートする