面接ではウソをつけ (星海社新書)

著者 :
  • 星海社
3.46
  • (13)
  • (37)
  • (46)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 370
感想 : 46
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385061

作品紹介・あらすじ

「二流大生」「内気・ねくら・コミュ力ゼロ」「サークルとアルバイト以外、何もしてこなかった」といった就活弱者が、どのようにすれば面接をクリアして、内定という「勝利」を勝ち取ることができるのか。専門家が書けない「面接の真実」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子供らがバイト始めたり、これから就職活動だったりもして
    手に取りました

    面接かぁぁ
    自分は仕事を転々としてて、今の会社は16年努めてますが…25くらいの時にクリーニング工場で主任をしていました。パートさんを面接してて
    凄い覚えてるのが…

    凄い香水の匂いを漂わせて現れ

    履歴書を見せてほしいと頼んで渡された封筒が【エアメールの封筒】

    この時点で笑いを堪えてましたが
    履歴書を開いたら
    写真が証明写真ではなく
    【バラ園で撮られた普通の写真を切り取り、回りのバラ達も入るようにしてる為、凄い引きの写真になってる】写真でした
    自分は普通に話して、面接を終えましたが…
    個人的にツボに入ってしまったので その面接がキツかった思い出が…

    話しは現代に戻り、今の会社は職人系のガテン系
    社長は破天荒だけど、信頼できるが…部長(社長の後輩)がヤバい

    家にも新人が入り、基本続かない…社長に【今回の新人駄目だったらもう知らない】と言われた部長
    部長は基本自分が何してるか、何でそうなるか、何を話したか、相手がどう思うかを一切考えれない人間

    まず部長は、【新人を俺が育てる】と言い出すが、基本彼は放任主義で指示を出さずに、基本決定権を彼は持たない、なので新人はやることが分からず ずっと困惑

    呆れて俺が話しかけたり(雑談でも何でも)した時は、飛んで来て【話しかけなくていいから!いっぺんに教えても覚えられないから、怪我しそうとかそういう時以外話しかけないで!】とまるで
    「自分の彼女が男友達と話してるの見かけて駆け寄ってきた彼氏スタイル」

    しかし部長は自分で予定を組んで
    新人放置で出張行ってしまい3日間放置
    新人放置で新人が出勤してるのに自分は休む
    謎の行動
    新人は困ってた

    試用期間3ヶ月
    この間、入って2ヶ月たって部長と新人が「試用期間…」と話してて
    俺が仕事を教えるついでに「試用期間とか話してたけど、仕事続けるか?とか色々聞かれたの?」と確認したら

    新人が言うには
    ●「お前今日から社員になってるから」と本人の意思関係なく言われた
    ●試用期間も短縮勝手にされてる
    ●帰りに呑みにつれていかれ、新人は飲み会が苦手なタイプなんだけど3時間付き合わされ
    ●なんなら、部長は飲酒で帰ってるオプション付き
    ●そしてそれから1週間以上経過していますが、部長は社員の誰にも新人が正社員になった事すら報告していない

    頭くるってるなぁ…

  • ・客が本当に知りたいのは、商品の「内容」ではなく、営業マンがどういう人間なのかを見に来ている。
    ・ダメな自分をいくら分析しても、ダメな自分しか出てこない。
    ・人には勝つための方法を聞け。(求める人物像やキャラクター)
    ・「緊張したほうがいい」を大切にする。
    ・「自分が客の立場だったら?」を考える。
    ・面接官は赤の他人だから、演技をしても恥ずかしくない。
    ・プロほど、事前に十回以上読み込む等練習をしている。
    ・受験勉強と同じで、復習しない人間は受からない。
    ・自分の話ばかりする人間は猫くらいしか話し相手がいなくなる。

  • 面接をする側の気持ちとしては、変に飾らずにお話ししたいなと思いますよね。とことんついてホントになるぐらいのウソだったら大歓迎。

  • 面接では印象が大事!心のなかで思っていることは相手にバレている、世の中を渡っていくための本当のところが随所にちりばめられた本。
    面接では演技をしましょう、演技だから自信も根拠もいらない!というのは痛快だと思った。世間を渡っていく強さはこういうことなのかもしれない。

  • 初めに言っておきます。就活のテクニック本ではありません。しかし、この本に書かれていることはすごく納得できますし、本質をついていると思います。それは何かと言うと、面接官に良い印象を与えるには、礼儀、挨拶、話し方、表情を含めた、第一印象が全てだということでしょう!わずかな時間で、自分という人間をアピールしようと思えば、話の内容はもちろんのこと、いかに第一印象を良くすることが重要かと著者の菊原さんがおっしゃっていることに、納得させられます。

  • 第79回アワヒニビブリオバトル「24時間耐久ビブリオバトル@オンライン」第4ゲームで紹介された本です。オンライン開催。チャンプ本。
    2021.09.18

  • 就活は思いきって作り込んでやろうという本
    まあ基本的なことを言っている。

    マナー、達成意欲、リーダーシップ、適応力協調性、コミュニケーション

  • 要するに演技をしろってことだが、まあそのとほりなのかも。

  • 営業の教則としても非常に参考になる本でした。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

営業サポート・コンサルティング株式会社代表取締役/営業コンサルタント/関東学園大学経済学部講師/社団法人営業人材教育協会理事
群馬県生まれ。大学卒業後トヨタホームに入社し、営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。「対人恐怖症」にまで陥るも、“訪問しない”“お客様に望まれる”営業スタイルを確立。突如、顧客の90%以上から契約を得て、4年連続トップの営業マンに。約600名の営業マンの中においてMVPを獲得。2006年に独立。営業サポート・コンサルティング株式会社を設立。現在、経営者や営業マン向けのセミナー、研修、コンサルティング業務を行っている。【営業力検定】が取得できる営業通信講座のクライアントの数は卒業生も含め既に1,000名を超えている。
主な著書:『営業1年目の教科書』『営業の働き方大全』(大和書房)、『リモート営業で結果を出す人の48のルール』(河出書房)、『仕事ではウソをつけ』(光文社)、『テレワーク・オンライン時代の営業術』(JMAM)など

「2023年 『営業スキル100の法則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊原智明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×