「やめること」からはじめなさい (星海社新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (45)
  • (90)
  • (74)
  • (28)
  • (13)
本棚登録 : 720
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中谷彰宏氏や断捨離関係の主張を寄せ集めて再加工したような著作。
    新鮮さはない。

  • 合わないだけといえないところがつらい。これは人を変えるかもしれないががさがさにする方向に働くように思える。とても今の風情にあっているけれど。

  • 151210

  • えっと、これ何て宗教? てな感じ。言うことに勢いはあるのだが、一つ一つに理屈がないので説得力ゼロ。「オレの言うことを信じなさい。さらば金持ちになれるぞよ(笑)。」
    新聞読むなとか、電車に乗るなとか、もう訳がわからない。英語だって話せるようになって人生が変わったと感じたことは数知れず。でも冷静に見てみると、人とつるまない、SNSをしない、テレビを見ない、など元よりやっていないことが圧倒的に多かった。ちょっと複雑。

  • 頑張っているのに報われない人を報われる人生に変えるためには、手放すことしかない。確かにそうだろう。だがしかし、手放す事項は人によって当然ながら違う。そこを適切に判断できる人が、結果報われるわけだ。確かに「テレビをやめる」「愛想笑いをやめる」というのは、やめるべきだ。でも「上司の言うことを聞くのをやめる」「貯金をやめる」というのは、内容を把握したうえで判断しなくちゃ、大変なことになりそうだ。

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『人生を切り拓く100の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ツイートする