「デキるふり」からはじめなさい (星海社新書)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (11)
  • (28)
  • (33)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 439
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気が付くと著書を何冊か読んでて、全部同じ本屋で購入していたので、次回は著者名もチェックして買おうと思った。当たり前なんだけど、やってない事が沢山あると思うので、自分がどれだけできてるか、チェックシートがわりに読むとちょうど良い。

  • いつもふにゃふにゃしている私も、形から入ってみようかしら。「頭がいい人はチンタラ歩かない」うーん、耳が痛い!笑

  • 星海社新書の前作と似たテーマが多いものの、言い方や具体例が変わっていて分かりやすいです。
    あいかわらず読みやすい本で、30分あれば読み終わります。

  • 成功・夢を叶えるために、「デキるふりをする」「叶ったように振舞う」ということを思っていた。

    そんな時に、この本を見つけた。では、具体的に「何をデキるふりをすればいいのか」がこの本には書いてある。

    ○デキる人に嫉妬しない。
    ←相手を陥れて、自分の地位が上がったなんて勘違いだ。何一つ変わってはいない。

    ○自分よりデキる人と仕事をする。
    ←自分のマインドを簡単に引き上げてくれる。セルフイメージを高い方へやる。

    ○タイプが似ている人のデキる人を真似する。

    ○デキる人は無言で職場に入ってこない。
    ←爽やかな挨拶を。

    ○デキる人はいやいや謝罪しない。
    ←謝罪でも相手を感動させられたら人として本物だ。

    ○デキる人は~がないから無理とは言わない。
    ←「~があればできます。」と、常にできることを考えている。

    ○デキる人は短気だが、怒らない。
    ←短気は感受性が強い証拠。怒っていては冷静な議論ができない。

    ○批判に対してグチグチ悩まない。
    ←批判こそ成長のチャンス。

    ○お金持ちはお店を無言で出ない。
    ←店員よりも早く「ありがとう」と感謝の言葉を言う。

    ○頭がいい人はつるまない。
    ←一人の時間を成長の時間としている。

    ○頭のいい人は本をきれいに扱わない。

    ○頭のいい人は基礎を疎かにしない。

  • 太い文字で言葉が書かれており、そのあとに解説があるという本。簡単に読めてしまう。

    しかし、物事の本質を捉えているとおもう。出来るにはまずできる人の真似から始めるという姿勢は(学ぶ)という語源、真似ると同じなのではないかと思う。出切るようになるには、モテるようになるには、その人と自分との違いに目をむけていくことが必要であり、真似るのが手っ取り早いのだ。

  • 20130220
    千田さんの本に出会えて本当に良かった。
    星海社のこのシリーズの本は最後が楽しみ!
    なんて書いてあるかワクワクする。
    今回の言葉、かっこいい〜。

  • ・聞かれもしないのにアドバイスしない
    ・決断に時間をかけない
    ・批判されることを喜ぶ
    ・お店の人より先に「ありがとう」と言う
    ・一人の時間をつくる
    ・スタスタ歩く
    ・「初歩」にこだわる

  • 仕事や人間関係は、「デキるふり」から始めよう。

    その人がデキる人かどうかは他人が評価するもの。
    自分がデキる人だと思っていても、他の人がそう見えなければただの勘違い人間…。

    形からでもいい、周りのデキる人のまねから始めれば、自分のモノになるんじゃないかな~。

    最終的にデキる人間になるか、ただの勘違い人間になるかは難しいところ…。

  • また千田本。シンプルで至極当たり前のことばかりだが、読むたびに身に染みて感じる。目標を持つことの重要性、自分にとっても相手にとっても限りがある時間とお金を大切考える。

    ・お金を相手の魂だと考える
    ・命の断片である時間を有効に使うためにも、目的や夢を持つことだ。
    ・人生はこうありたい!という思いが先にあるべきだ。

  • 細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8666

全31件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ツイートする