キャラクター小説の作り方 (星海社新書)

著者 :
  • 星海社
3.69
  • (4)
  • (17)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 159
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385405

作品紹介・あらすじ

「ラノベ」も「文学」も、キャラクター小説である
「人は何故、小説家になりたいのか」「スニーカー文庫のカバーイラストは何故、アニメ絵か」「『オリジナリティが欠けている』とはどういうことか」……。全十二講に及ぶ挑発的な「ラノベ」=「キャラクター小説」の「作り方」を通じて、ゼロ年代の「文学」の可能性を追求した不滅の文学入門書、星海社新書に登場。補講「もう一度、キャラクターとは何かを考える」を書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【どんな本?】
    キャラクター小説とは今で言う「ライトノベル」のこと。
    アニメや漫画のキャラクターを中心とした小説の書き方の考察を筆者なりにまとめている。


    【まとめ】
    著者は実際に自分で作品を描いている方。
    そのため、どんな感じで物語を作るのかを考察している。
    物語を作ったことが無い人にとって目からウロコの話が多く、特に「欠けたものが回復する」視点と、「場面」の考え方は、物語を作る上で無くてはならないものだと思う。

    『千と千尋の神隠し』など有名な作品を例に、理論を展開している場面も多いため、とっつきやすいと思う。

  • 神は細部に宿る
    細部には主題・テーマを宿す

    この言葉だけで読む価値があった

    世界観の作り方・説得力について学べた

  • 所謂ハウツー本ではなかった。。発見もあるけど特に後半主観入りまくりでしんどいし知らんがなって感じでした。
    自著の宣伝しすぎ。

  • 2018.12.11
    ハウツー本というより論文 すごいおもしろい!

  • 文学の新しい境地を見せられた

  • 小説を書いてみたくなったので、本書を手に取った。大塚英志は、他の著書でも似たような内容を展開しているが、才能の無い人でも小説(漫画)らしきものを作れる方法論を研究し、それを紹介している。

    設定や場面ごとのカードを整理し、並び替えたりして破綻の無い物語のゴールを切る方法や、昔話や民話から「構造」をパクって自分の話にする方法など、具体的にどうすれば才能が無くてもお話が作れるかが書いてあり、勇気がわいてきた。

    この勇気がわく感覚は何かに似ている、と思って、なんだろうと思い出してみると、それは高校1年生のときに、初めて親に秘密でホームページを作るためHTMLやCSSの本を買い込んで読んだときの、「これなら自分にもできるのではないか」という感覚だった。

    ホームページ作りも、小説作りも、どこか小学生の秘密基地づくりと似て、自由の象徴(自分の王国)を工作していく試みであるという辺り、どこか相通ずるところがあるように思う。ぼくはホームページ作りは、連日徹夜したりして大変のめり込んだものだが、こういうのは最終的に泥臭い作業も厭わないなにかリビドーみたいなものがものを言う世界なのだと思う。

  • 著者の描いた漫画『サイコ』を振り返っている部分は面白くない。
    それ以外の「スニーカー小説」を書くために書かれている部分は面白い。

  • 小説の作り方というよりは、キャラクターとは何か、小説とは何か、ということがテーマであるように感じました。小説に限らず、映画や漫画などストーリーやキャラクターが作品の評価に繋がりやすい時代に、改めてストーリーやキャラクターの役割(存在意義?)を著者は考え直そうとしていると解釈しました。「ストーリーメーカー」、「キャラクターメーカー」、「物語の体操」など著者の他の本も併せて読むと分かりやすいと思います。というより、僕は上記3冊とこの本を読んでやっと著者の言いたいことが少しだけ分かってきた気がします。

  • 文字通り、コバルト文庫などのキャラクター小説について記述した一冊。

    キャラクター小説というとあたかもオタク向けという感じだが、そうでなく私小説からの連綿とした系譜について丹念に綴っており、勉強になった。

  • 前半部分は創作教室、後半は文学論という構成。
    『キャラクター小説の作り方』というタイトル通り、「スニーカー文庫のようなもの」を念頭において、どのように創作していくか、類型的なキャラクターを使ってもそのキャラ付けに説得力を持たせるか、という解説や、場面毎にカードを作ってそれを並べて行くという手法などは興味深かった。
    後半の文学論ではいわゆる「スニーカー文庫のようなもの」と言文一致体、私小説などが比較されている。9.11のテロの喧噪の中に潜んだ「物語を求める感情」などの件は興味深い。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか・えいじ):大塚英志(おおつか・えいじ):1958年生まれ。まんが原作者、批評家。神戸芸術工科大学教授、東京大学大学院情報学環特任教授、国際日本文化研究センター教授を歴任。まんが原作に『アンラッキーヤングメン』(KADOKAWA)他多数、評論に『「暮し」のファシズム』(筑摩選書)、『物語消費論』『「おたく」の精神史』(星海社新書)、他多数。

「2023年 『「14歳」少女の構造』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大塚英志の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×