江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (35)
  • (61)
  • (45)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 547
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385559

作品紹介・あらすじ

「江戸しぐさ」とは、現実逃避から生まれた架空の伝統である
本書は、「江戸しぐさ」を徹底的に検証したものだ。「江戸しぐさ」は、そのネーミングとは裏腹に、一九八〇年代に芝三光という反骨の知識人によって生み出されたものである。そのため、そこで述べられるマナーは、実際の江戸時代の風俗からかけ離れたものとなっている。芝の没後に繰り広げられた越川禮子を中心とする普及活動、桐山勝の助力による「NPO法人設立」を経て、現在では教育現場で道徳教育の教材として用いられるまでになってしまった。しかし、「江戸しぐさ」は偽史であり、オカルトであり、現実逃避の産物として生み出されたものである。我々は、偽りを子供たちに教えないためにも、「江戸しぐさ」の正体を見極めねばならないのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「江戸しぐさ」と称されているものが、実際の江戸時代の風俗とは異なることを種々の史料から検証した労作。さらに「江戸しぐさ」の誤りのみならず、それを”創作”したり、広めたりした人たちの経歴に着目し、どのような背景で生まれたのか、そしてなぜ受け入れられているのかまで踏み込んで考察しており、今まで著者含めて断片的に語られていた「江戸しぐさ」批判の初めての体系的な著作と言える。

    著者も挙げているとおり、完全に虚偽の産物である「江戸しぐさ」が受け入れられる背景として「道徳教育の教材としてならいい」「モラルが低下・崩壊しているのだから必要だ」というものがある。しかしそのような認識もまた怪しい。社会や若い世代などが”劣化”しているのだから、ということで虚偽が黙認されてきたというのもあるが、まずは「道徳的にいい話」それ自体の虚偽を虚心坦懐に見つめるためにも、本書は広く読まれるべきである。

  • 「江戸っ子狩り」って、江戸しぐさを批判する側が言ってる冗談かと思っていたら、江戸しぐさ推進派が本気で主張していることを知り大笑いした。

  • 最近「江戸しぐさ」の名を冠した書物をよく見る。『江戸しぐさ事典』なるものまで出ている。なんでも文科省の新しい道徳教科書にもこの「江戸しぐさ」が紹介されているらしい。本屋でこうした本を見かけるたびに、気にはなってはいたが、なんとなくうさんくさい気がして手が出なかった。そんなとき、知人からすすめられたのがこの本。「江戸しぐさ」に対する全面的な批判書である。江戸しぐさのしかけ人は芝三光(みつあきら)、その信奉者で推進者は越川禮子という人らしい。芝さんは本来まじめな人で、世の道徳の衰退を嘆き「江戸しぐさ」の復活を説いて全国を遊説していたらしい。芝さんに言わせれば、「江戸しぐさ」は口伝で、書物には残っていないという。それは、江戸開城で江戸っ子は潜むか地方へ逃れ、書き残されたかもしれない書物も焼かれてしまったという。要するに、根拠となるものがなにもないのである。原田さんは、「江戸しぐさ」といわれるもののいくつかを当時そんなものはなく、どれも1980年以降のものであると一つ一つ例証する。たとえば、傘をさしている人どうしが道であったら傘を傾ける「傘かしげ」という動作があった。要するに譲り合いの精神だ。原田さんは、そんなときはすぼめて通り過ぎるのが普通だし、第一だれもが傘を持っていたわけではないという。また、狭い道ですれ違うときの「蟹歩き」も、無理に通ろうとせず、どちらかが止まればよかったわけだと言う。さらに、江戸時代は「時泥棒は10両の罪」という言い方もあったというが、時間を掌握する人は限られていて、人は時間に今よりはるかにルーズであった。また、人がタバコを吸っていなければ自分も吸わなかったと江戸時代に嫌煙権があったようなことも江戸しぐさに入っているらしいが、当時は客にタバコを出すのがいわばエチケットだった。等々。要するに、現代の道徳を立て直そうとする精神はいいとして、それを「江戸しぐさ」などと呼んで奨励するところがいやらしいのである。しかも、江戸文学専門家である田中優子さんもこの「江戸しぐさ」をオープンカレッジで述べるしまつ。まさに現代のオカルトである。

  •  江戸しぐさとは、現代の日本を嫌う老人の現実逃避の産物で、ユートピアのような思想であるという。で、それが別に小さなサークル内で持て囃されているならば、お好きにどうぞということなのだが、歴史的に間違っていることを、教育の現場にまで浸透させているのは問題だということを強く訴える本だ。

    【「江戸しぐさ」は盛んに江戸時代を称揚するが、それらはいずれも現代的な常識に彩られたものとしてである。しかし考えてみれば、今とは異なる論理で動いていた江戸時代の良さというものは、やはり現代の常識では計りきれないところにあると考えるべきである。つまり、現代人の常識を江戸時代に求めようとする人は結局、江戸時代の良さもわかっていないのである。】
     と、著者は言うが、この文章から、小林秀雄が、「○○を尊敬していますなんていう奴は、だいたい○○の本なんか全然読んでないんですよ。読んでないから、尊敬してますなんていうことなんか言えるんだ」と講演していたのを思い出す。
     また、上記の文は、「良さ」を「悪さ」に、または「江戸時代」を「戦前」や「戦後」という言葉で言い換えて、左の立場、右の立場から書き直すことをすれば、では、現代の常識にとらわれずに、計り知れないところを計れるのか、計らずにすませられるのか、計るとはそもそもなんなのか、どうするのかが、浮かび上がってくるようになっている。
     江戸しぐさが、あるフィクションとして、道徳の授業のたとえ話みたいなこととして教えられているならまだしも、史実としてならば大問題だな。

  • 江戸しぐさがとんでもない捏造だということを解説してる。
    その事実には目からウロコなのだが、読み物としては正直面白くなかったのが残念。

  • 「江戸しぐさ」は、戦後に創作された、という本
    凄い一杯証拠が載っている。

  • 江戸しぐさってしらなかったが、虐殺とか明らかにトンデモじゃんw

  • 「江戸しぐさの正体」原田実 著 読了 「江戸しぐさ」のデタラメぶりを把握するのに適した本。それにしてもここまでひどかったとは驚き。「親学」との親和性が高いことがかねてから疑問であったが、要因がTOSSであることもわかった。

  • 教育
    社会

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=309730

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年、広島県生まれ。龍谷大学文学部卒。広島大学研究生を経て、昭和薬科大学文化史研究室にて古田武彦の助手を務めたが『東日流外三郡誌』の真偽をめぐって対立。現在は、古代史関連の偽史、偽書を中心とした著述家として活躍。「と学会」会員。著書に、江戸しぐさが架空であることを明かした『江戸しぐさの正体』などがある。

「2018年 『偽書が描いた日本の超古代史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田実の作品

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする