アニメを3D(サンジゲン)に! (星海社新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061386051

作品紹介・あらすじ

コストを抑えるから、クオリティが上がる!
いま、日本のアニメの中に「3DCG」という大きなうねりがうまれています。使いどころ次第では、クオリティを向上させつつコストの削減ができてしまうという3DCG。その魔法のような技術を専門に扱い『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』、『ブブキ・ブランキ』などの質の高い作品を世に送り出し続ける技巧集団が「サンジゲン」です。本書は、サンジゲンの代表自らが筆を取り、3DCGが日本のアニメ業界にもたらした変革の歴史と、制作の具体的手法、組織づくりに至るまでを余すことなく収めた1冊です。「誰にでもできるけれど、誰もやっていないことをやる」。日本のものづくりが世界と戦うために必要なものが、ここにある!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アニメ制作会社の運営哲学から、作業の流れまで書いてある非常に珍しい本。サンジゲンのアニメをチェックして色々観てみようと思った。一番の格言は、「信頼とは裏切られてもいいということ」はかなり効いた。スーパーのアルバイトからここまで上がってきたのは本当にカッコイイなと思う。

  • サンジゲン・松浦さんの本。

    サンジゲンの社内体制に限られる部分もあるものの、3DCGアニメ制作の技術、制作、進行などの現状と課題がかなり理解できる(このスピード感だと、1年後にはサンジゲンの状況も業界の状況もガラリと変わってそうな気はするけれど)。

    ただそれだけでなく、すべての“何か”を作る人(アニメや絵だけでなく、ビジネスや企画など含め)に刺激になる言葉もたくさんあった。するする読めて吸収できる。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

株式会社サンジゲン代表取締役
1972年福井県出身。高校卒業後、地元スーパーで働きながらデザインを学ぶ。1998年上京。CGの専門学校に半年通ったのち就職。GONZOを経て2006年、3DCGに特化したアニメ制作会社サンジゲンを設立。『009 RE:CYBORG』、『蒼き鋼のアルペジオ―アルス・ノヴァ―』、『ブブキ・ブランキ』といった作品の制作を通して、業界内での地位を確固たるものにしていく。2011年、サンジゲンを含む5社をグループとした株式会社ウルトラスーパーピクチャーズを設立し代表に就任(サンジゲンと兼務)。「世界に胸を張る」を合い言葉に、クリエイティブとビジネスの両面からアニメの変革を試みている。

「2016年 『アニメを3D(サンジゲン)に!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする