『山月記』(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : 坂本真綾  ミギー 
  • 講談社
4.33
  • (10)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388086

作品紹介・あらすじ

夭折の天才作家・中島敦が、美しき男と男の友情と、人間の心の奥底に巣くう「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」の相克を描ききった傑作『山月記』。その漢文調の妙なる調べを声優・坂本真綾が朗読するピクチャーディスクCDと、イラストレーター・ミギーの哀感あふれる水彩画をフルカラーで収録したハードカバーブックレットをパッケージ化した星海社朗読館シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ”星海社朗読館 『山月記』”中島敦著・坂本真綾朗読 星海社FICTIONS(2011/08発売)

    ・・・中島敦著”山月記”の朗読。原作のわびしさは良く出ていたと思いますが、坂本真綾のファン以外は原作のみで十分かと。

  • 中島敦の代表作を絵本化&人気声優の坂本真綾が朗読。
    山月記は中学の国語の教科書で読んだことある人も多いはず。

    李徴の言葉がなかなか・・・中学の時読むには早いよねw

  • 20120410読み終わった(青空文庫)

  • 「どうか、ほんの暫くでいいから、我が醜悪な今の外形を厭わず、曾て君の友李徴であったこの自分と話を交してくれないだろうか。」
    夭折の天才作家・中島敦が遺した傑作『山月記』を声優・坂本真綾が朗読するピクチャーディスクCDと、ミギーの哀感あふれる水彩画をフルカラーで収録したハードカバーブックレットをパッケージ化した星海社朗読館シリーズ第二弾。

  • *青空文庫

    教科書で読んだことがあるかも。
    「人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短い」
    これって格言とかではなく、努力することを怠った人間の言葉なのね。

  •  少ない文字数で、李徴の苦悩や人間の心(臆病な自尊心と尊大な羞恥心)を見事に描いている。文体も洗練されていて無駄がなく、描写が素晴らしく格好いい。まさに言葉に出して読みたくなる一冊。
     李徴が何に苦しんでいたか、同調できる人は少なくないのではないでしょうか。

     高校生の時分にもっと真面目に教科書と向き合うべきだったと、反省させてくれた作品となりました。あと○年早くこのCD付き山月記が出てたら、僕の国語の成績はもっと良くなっていたでしょうk……(>'A`)>ウワァァ!!!(←虎化

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

中島敦

一九〇九年(明治四二)、東京・四谷に生まれる。三〇年、東京大学国文学科入学。三三年に卒業し、横浜高等女学校に国語科教師として就職。職の傍ら執筆活動に取り組み、「中央公論」の公募に応じた『虎狩』(一九三四)で作家としての地位を確立。四一年七月、パラオ南洋庁国語編修書記として赴任。持病の喘息と闘いつつ『山月記』『文字禍』『光と風と夢』等の傑作を書き上げる。四二年(昭和十七)、職を辞して作家生活に入ろうとしたが、喘息が重篤となり、同年十二月に夭折。

「2019年 『南洋通信 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

 『山月記』(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)のその他の作品

山月記 Audible版 山月記 中島敦
山月記 Audible版 山月記 中島敦
山月記 Audible版 山月記 中島敦

中島敦の作品

 『山月記』(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)を本棚に登録しているひと

ツイートする