怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 星海社
3.67
  • (2)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388253

作品紹介・あらすじ

“田 無 美 代 子 を 呪 っ て く だ さ い”
「だからさ、……俺たちが作らないか? 新しい祟りをさ。」 学校の七不思議の“八個目”となる“新しい祟り”――「お骨サマの呪い」を僕たちが作った、あの夏。それは、止め処ない悪意と恐怖の幕開けだった――! あの竜騎士07が文芸雑誌『ファウスト』に寄稿し、小説家デビューを飾った伝説の一編が万を持しての星海社FICTIONS化。傑作『ひぐらしのなく頃に』の世界観ともリンクする極上のホラーをあなたは今、体験する!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 八個目の学校の怪談を作るというアイデアが好きだ。怪談と階段を掛けたダブルミーニングが特に良かった。古びた神社のお賽銭箱を活用したお小遣いの作り方が印象的だ。学校で流布した呪いを解く方法を神社でのお賽銭に設定したことで主人公たちの懐が自動的に潤う仕組みが面白かった。呪いの例え話“アフリカの上空を飛んだパイロットが投げ捨てたコーラの空き瓶が、原住民に拾われて神格化する”が興味深かった。生まれた怪談を利用して痴情のもつれを暴き、復讐を成し遂げた女性キャラクターが最も悍ましかった。“おまじないって漢字で書くと「お呪い」になるのよ”や“呪いに見えるものは、いずれも「呪い」を隠れ蓑にした人の悪意でしかない”は覚えておきたい一文だ。

  • 作者の他の作品にも繋がる話でもある。
    いわゆる非公式ナリ、世間一般には、ナリすましに対する言及がなされている。それも序盤に。
    罪に重さなどないのだよ! 悪戯ってのは、やられた方も笑って許せる範囲までなんだよ。
    さいせんどろぼーもはんざいなんですけどねー。
    概念だっだものが、姿形となって現れた。事象が神の怒りとして伝わっているのも、きっとそうなんだろうなぁ。
    これは全くの余談だが。インタビューズで語っていたように、ひぐらしの、つまりは羽入の姿を形作ったのは読者だと、それに近い話が地の文でなされている。
    ///
    本書は「ファウスト」2005年 Vol.6 (冬号)SIDE-A・SIDE-B に掲載されたものを、改稿のうえ星海社FICT IONS化したものです

  • 久しぶりにゾクゾクしたお話でした!
    挿絵に関しては
    精神的ショックが起きるので
    気を抜いてはいけません...

    ひぐらしも文章で読んでみたくなったなー!!

  • 竜騎士07氏作品における「祟り」や「呪い」といったギミックの独特の持ち味が好きなら、結構面白いと思います。
    少年たちが些細な思いつきで始めたことが放射状に置かれたドミノ倒しのように思いもよらぬ広がりや影響を見せていく描写は流石と感じました。

    話中ある人物を詰問するところの、双方の中学生としては不自然な言葉遣いや、ラストのある人物の口調(こちらは氏の別作品とリンクしている部分のため仕方ないとも言える)など、少々違和感のある部分はありましたが、これは味と言われればそういうものなのかな、といったところ。

    話自体のからくりは途中で推測できました。
    しかし作者、また主人公が男性のせいかと思いますが、その「とある女性登場人物」の思惑が深く関わる真相について、話中でこの推測はありえないと一度否定した上で、最後に真相が明かされた際にはその内容にまるで鬼の首でも取ったように、或いはたまにTV特番で未開の地に踏み込んでは現地住民の土着的な文化に触れて大仰に騒ぐマスコミか何かのように驚いてみせるのは、女性の目から見ると少々滑稽ではあります。
    氏に限らず、一般書の有名作家の作品でも、まあたまにあることですが。

  • 「呪い」をテーマにしたホラー。でもふたを開けてみたらこれはミステリか?
    面白半分で作り出した「呪い」がどんどん膨れ上がり、ひとり歩きする恐怖。そしてそれが高まったところで起こったひとつの事件。罪悪感と恐怖にさいなまれる主人公の心理に共感してぞくぞくさせられます。しかし。
    明かされた事件の真相はさらに怖い! いやでも現実的に怖いのはやはりこっちの真相かも。「呪い」ってのは、人間が引き起こすものなのですね。
    ところで、キーパーソンの彼女は「ひぐらしのなく頃に」の彼女とは別人のようですが。いろいろ重なり合う部分はありますね。もしかすると、別の世界の彼女なのかも?

  • “田 無 美 代 子 を 呪 っ て く だ さ い”
    「だからさ、……俺たちが作らないか? 新しい祟りをさ。」
    学校の七不思議の“八個目”となる“新しい祟り”——「お骨サマの呪い」を僕たちが作った、あの夏。それは、止め処ない悪意と恐怖の幕開けだった——!
    あの竜騎士07が文芸雑誌『ファウスト』に寄稿し、小説家デビューを飾った伝説の一編が万を持しての星海社FICTIONS化。傑作『ひぐらしのなく頃に』の世界観ともリンクする極上のホラーをあなたは今、体験する!

全9件中 1 - 9件を表示

竜騎士07の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×