猫の彼女のESP 1 (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388284

作品紹介・あらすじ

猫×超能力のサイキックサスペンス。これは、あなたの絆を問う物語-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公ではなく、主人公のパートナーの猫がESP保持者というちょっと変わった超能力モノ。全3巻で完結してるようなので、最後まで読んでみようと思う。

  • かつて失った“恋人”を取り戻すため“猫殺し士”として活動する「国塚誠」と、そのパートナーである特殊猫「アサキ」。

    奇跡的に一命を取り留めた最悪の事件から10年、熟練の“猫殺し士”として活躍する国塚のもとに、特殊猫暴走事件への出動要請が届く——。

    14歳の少女に飼われていた特殊猫「ナイト」はなぜ暴走してしまったのか? その事件に国塚を呼び寄せた特殊猫研究の最高権力者「栗山ヒロミ」の狙いとは?

    そして、12年前に地球の自転を6時間も進め、その後忽然と姿を消した“根源の特殊猫”「エグエリ」の願いとは——。 猫(彼女)×超能力(ESP)のサイキックサスペンス!泉和良初のシリーズ長編、あなたの“絆”を問う物語が、ここから始まる。

  • 泉さんは猫萌え小説の旗手。特殊猫と人間の行きすぎた心の絆が切なくてかわいい。

  • 楽しみ♪

  • 許せません♯主人公に呪いあれ!!

    講談社のPR
    「これぞ泉和良の勝負作! 最愛の彼女を失い、“猫殺し士”として生きる僕の前に現れた最大・最強のESP猫との闘いの行方は……!?」

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小説家。1976年生まれ。
2007年に『エレGY』(星海社文庫)で講談社BOX新人賞を受賞し、デビューする。小説家として活躍するかたわら、ボカロPである“ジェバンニP”としても活動している。小説の代表作に『私のおわり』『ジスカルド・デッドエンド』『猫の彼女のESP』(星海社FICTIONS)などがあり、ボカロPとしての代表作に『すすすす、すき、だあいすき』『恋ノート////』『リンカーネーション』などがある。

「2014年 『ボカロ界のヒミツの事件譜 3 名探偵エレGYちゃん様の謎解きごっこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉和良の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×