ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 講談社
3.18
  • (21)
  • (62)
  • (92)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 641
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろい。
    でも、子どもとかには見せにくい。
    一般書籍の扱いでいいのかな?

  • 筒井康隆らしいライトノベル。ん?ライトノベルなのか?初期の筒井康隆の小説のテイストだぞ。

  •  ご存じ筒井康隆の、ライトノベル・デビュー作。しかもそうでありながら、あとがきには「もう書く気はない」と見事なまでにやる気のなさを吐露しているというすさまじさ。

     内容はというと、確かにライトノベルになっています。

     学園で一番人気の美少女・ビアンカが、その好奇心から、男子生徒や教師たちを「使って」トンでもない実験を行います。そしてそれが思いも寄らない事態に発展していったものだから、未来人の案内でタイムマシンにより過去に戻ったり未来に行ったりするのです。

     では彼女たちがそこで目にする未来世界とはどんなものなのか? もうそのへんは、読んでみてのお楽しみ。大丈夫、立ち読みでも気楽に読めます。僕は立ち読みで済ませました。

     いわば「筒井康隆のライトノベルふう時をかける少女」ということになるのでしょうが、印象としてはちょっと違うかな。ツツイはきっと、ライトノベルという媒体の可能性と、その作法と、そしてかつて自分が『時をかける少女』で使ったタイムスリップという要素を実験的に組み合わせてみただけなのではないでしょうか。

     御大にとっては、気楽なものだったんじゃないかな。もう、何もかもが確信犯的に書かれたとしか思えない、そういう作品でした。

     往年の『時をかける少女』ファンがこれを読んだら、もう清々しいまでにイメージぶち壊しになると思います(笑)

     そして最終的に、この作品に対して僕がいちばん強く思うのはひとつだけ。「筒井康隆かっこよすぎ」。77歳になって、こういうジャンルにきちんと進出してひとつの作品を仕上げられるのは尊敬に値します。どうせ作家になるのなら、僕もこれくらいパワフルにいきたいものです。

  • なんかいろいろ酷かった,褒めてるんだが酷かった。
    どうしようこれ。

  • 「ビアンカ様、うっ、ぴゅっ」w 太田が悪いw

  • 「時かけ」の筒井として読むと期待を裏切られる。のいぢ絵で和らいでいるが、エログロナンセンスの筒井であった。ラノベにしては短いのであっさり読める。

  • 表紙をめくって、目次ページをチラ見して、びっくりして二度見三度見したがやはり見間違えではなかった。これはアニメ化はされない気がするww

  • 「スペルマ」の意味を調べたのは私だけでしょうか(笑)


    これがラノベかどうかは正直判りませんが
    なんとも筒井康隆的な作品でした。

    ラノベとして、「2010年の時かけ」を期待して読まれた方は
    どう言う感想になるかは想像できるような・・・出来ないような・・・。

    しかし筒井康孝の作品として読まれた方なら

    「やってくれるね筒井さん!!」

    と思ってしまうのではないでしょうか。

    本の厚みから見るにショートショートの連作を読んでいるような感じ。
    それでいて何となく雰囲気は「ダンシングヴァニティ」を思わせる。

    そして登場人物には可愛いイラストが付いているから
    いつもの筒井作品とはまた違った感じにイメージ化される。

    一番のラノベ要素はやっぱりイラストですね。

    内容が内様なだけに難しい感じもしますが
    美味い感じで挿絵が登場。

    本当に面白いシーンは流石にイラストにはなりませんね。

    ラノベ世代の人達がこの筒井康孝の下品(褒め言葉)なところを受け入れられるかは謎ですが
    コレをとっかかりに「パプリカ」とか「エディプスの恋人」とか
    読んでくれたらな~なんて思います。

  • 凄い小説を読んでしまった。展開が非常に強烈なのだ。簡単に感想が書けない。
    それぐらい濃厚な一冊だ。

    あえて深く言及はしないでおこう。とにかく刺激的です。ただ万人にウケるかどうか心配だ。

  • 「時をかける少女」を書いた筒井康隆の本だからと、気合を入れて読むと期待を裏切られます。

    ライトノベル期待の新人と思って読むのが丁度ぐらい。

    B6版で文庫サイズではないので、本を探すときは注意。

全129件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする