ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 講談社
3.18
  • (21)
  • (62)
  • (92)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 641
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライトノベルにライトノベルばかり読んでいてどうすると叱咤された気分。
    ただのライトノベルとしては読めませんでした。
    さすが筒井さんです。

  • 最初はなんだこりゃという感じで読み進めたが、あとがきにもあったがこれはメタラノベなんだということに気づいたら、途中から面白くなってきた。やっぱり筒井康隆らしさ全開で面白い。77歳のじいさんが書いたとは到底思えない。

  • ラノベと言いつつも、やはり文体から漂う筒井節。太田が悪い。
    しかし筒井作品として読むと物足りなく、ラノベとして読むと筒井くさい。太田が悪い。

  • 「筒井康隆御大の書いたラノベ」と知られる一冊。アニメ・ラノベ好きの好む萌えイラストを挿絵として入れてきているが、文体というか着眼は完全に筒井作品。

    「メタ筒井御大」的な見方をすると大いに楽しめる作品。つまり「時をかける少女」に代表される強く美しく自信もあるんだけどどこか脆いヒロインが、今のラノベ時代の男性たちに囲まれたらどうなるんだろうか、という意味でのSF作品。
    筒井作品を数作読んだだけの人間ですら、「このあたりの設定はあの作品にあったな~」的な愉しみのある一作なんですが…いかんせんラノベ読者に合わせよう、と作者が意識的に文章の難易度を下げていおり、アホみたいに早く読み進めることができてどこか読み応えがない、そこが難点かしらん。

    「時をかける少女」あたりの過去の有名作に、今時はやりのラノベ絵師の挿し絵を入れて新装版として売った方が読み応えもあっていいし、絵師狙いで分かった気になるラノベ読者も釣れていいんじゃないか、そんなことをちょっと考えてしまう一作でした。

  • ただのラノベと思ったら大間違い。
    筒井康隆が書くんだから。生命倫理、時間旅行を交えながらのエンターテインメント。
    続編を待つ。
    太田が悪い。

  • 現代版「時をかける少女」、筒井康隆初のライトノベル。買わない理由がなかった(笑)主人公ビアンカの興味ある実験内容にビックリしました。時をかける少女の方が勿論いい。

  • ラノベばかり読んでいる人は読んだらいいんじゃないかと思う。
    ラノベを愛してやまない人は傷つくかもしれないのでやめとこう。

  • ラノベにも面白いものはあるというススメ、
    そして著者の他の作品が面白かったので挑戦!

    しかしながら、ナニコレ?
    伝えたいメッセージ性もなさそうだし、
    こういうのが好きなんだろ?と言わんばかりのエロ・グロの連続には吐き気を催しました。

    著者が高齢にも関わらず、こうした新たなジャンルを手掛けたことは凄いと思うけど...

  • わたしは知っている。

    わたしがこの高校でいちばん美しい、

    いちばん綺麗な女の子だということを——。

    あらゆる男子生徒の視線をくぎ付けにする超絶美少女・ビアンカ北町の放課後は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ生物研究部員。そんな彼女の前に突然、“未来人”が現れて——。

    文学界の巨匠・筒井康隆が本気で挑む、これぞライトノベル。

    21世紀の“時をかける少女”の冒険が始まる!

  • ビアンカはなんか涼宮ハルヒの匂いがする、ただし、別のベクトルの。こんな異色なラノベはおそらく今後でないんだろう。

全129件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする