ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 講談社
3.18
  • (21)
  • (62)
  • (92)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 641
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388376

作品紹介・あらすじ

あらゆる男子生徒の視線をくぎ付けにする超絶美少女・ビアンカ北町の放課後は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ生物研究部員。そんな彼女の前に突然、“未来人”が現れて——。

巨匠・筒井康隆の最新作は本気のライトノベル!イラストは いとうのいぢ が担当!
21世紀の“時をかける少女”の冒険が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一見キワモノに思えるが、その実かなり練りこまれたメタライトノベル。通常のラノベは寸止めとでも言うべき性的な描写のラインを守っているが、本作はそれをテーマにしつつ文字通り射精へと導いている。特にハルヒのパロディめいた台詞にピンク・レディーのUFOで返すくだりは秀逸。

  • そうか、これがラノベなのか・・・。

    なかなか感想が難しい本である。

    面白いことは面白い。さすが筒井康隆だな、と思うことも間違いない。あと、いとうのいぢの絵はやっぱりかわいい。

    この本を読んでいると、いかにごく普通の「ライトノベル」が未成熟か、ということに気がつく。でもまあ、その部分も含めてライトノベルだよなぁと、個人的には思っているので、なんとなくもやもやした感触は受ける。

    後書きにもあるが、ライトノベルというよりはメタライトノベル的に読むのならば、あまりそういうもやもや感はない。

    やはりしゅっと感想の書けない本だ。もちろん、それは書き手の私が力量不足であるというだけにすぎない。

  • ラノベであると同時にメタラノベにもなっている。試みをしつつ面白いのが流石。キワドい話だとは思う。少し下ネタ気味でもある。くすくすとははーんが両立されているので一読の価値はあると思う。

  • 2017/06/18

  • 筒井氏がラノベ?!と前から狙っていた一冊☆ラノベファンの何分の一かでも筒井作品へ誘導したかったらしいが果して編集者の太田さん次第でしょうね。だって清楚な自分が(←エ?(゚o゚;))挫折か?と思うほど無茶苦茶破廉恥な生物研究部の物語なんですもの。凄く面白いのに絶対人にオススメできない、というか読んだ事すら悟られたくない本ってのも珍しいでしょうね(・_・;!あとがきを読んで?応募した方がいたらしく、続編が出るようなので続きが楽しみです♪太田は悪くないw♪可愛い挿絵を見ているうちにハルヒも再読したくなりますね♡

  • 奇奇怪怪なケッ作。筒井康隆だからフツーのライトノベルではないと思っていたが、思った以上にはっちゃけていた。キャッチコピーを作るなら「手コキから始まる遺伝子組み換えSFラブコメディ」だろうか。序盤から一発かましてくるが、後半になると状況設定のカオスっぷりに拍車がかかり、すごく強引に纏め上げているが、それがいい。ただ、結末が案外穏当なものだったのがちょっと不満ではある。これは太田が悪い

  • 筒井作品信者からしたら手を売打って喜ぶ作品だし、筒井作品を知らないラノベ愛好者からしたら眉をひそめてそっとダストシュートする話。どちらとも言い難い私にとっては非常に評価つけにくい本。

    まぁでも作品単体で見たら……。

    メタ的な読み方しか想定されてないかと

  • あとがきで御大自ら本書の読み方を「通常のラノベとして読むエンタメの読みかた」と「メタラノベとして読む文学的読みかた」の二通りあると示しているがこれはもうメタ読みを前提に書かれていると言わざるを得ない代物であり仮に前者の読みをするなら数頁で放り出してしまうような酷い代物であるのだがどうやら全て太田が悪いようなので絵本を捕まえて「稚拙すぎる」と食ってかかるような的外れで不毛な批評は略しともかくも御大の果敢で相変わらず人を食ったメタラノベの試みにニヤリとさせられるばかりなのだがこれを読んで本来の数多のラノベに手を伸ばしてみようという気が全く起きないのは本書の成功なのか失敗なのか何れにしても改めてどこまでもついていきますと御大に忠誠を誓うばかりなのである。

  • ライトノベルとは…?ある意味、エログロナンセンスが揃ったいつもの筒井節であり、それを噛み砕いてしまえば(=ライトに描けば)こうなるのだろうか。

    2010年代の時をかける少女、というキャッチフレーズは秀逸だしSF感も微かにある。だが、全章題にスペルマが付いたり、途中から主人公を美少女に描こうとすることすら放棄した台詞回し、最後に無理矢理盛り込まれた教訓など、スラップスティックコメディ色の方が強く、ラノベ文法に沿って書いた77歳の放蕩作品、という部分を踏まえてメタ的に読むのが面白いのかもしれない。

  •  がっつりライトノベルという体裁の本を読むのはこれが初めてだったけど、筒井さん作品が好きなので手に取った。
     倫理的にちょっと…というような実験や、前半に繰り返される射精描写に戸惑ったのだけど、あとがきを含めて、SF、ジュブナイルなどなどを盛り込んだ筒井さんの作品、といった感じがした。他のライトノベルを読んでいないので確かなことは分からないけれど、これはライトノベルへの皮肉混じりな作品なのか…?

全129件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)のその他の作品

筒井康隆の作品

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)を本棚に登録しているひと

ツイートする