ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 講談社
3.18
  • (21)
  • (62)
  • (92)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 641
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラノベを意識してメタラノベにしているからか、ラノベのいい部分もなくなってる感がある。
    あまり面白くない。

  • セリフの語調が今風(ライトノベルぽい)んですかね?挿絵もふんだんに使用されていることからも推測できるように、ラノベというのは(多分)アニメ、マンガとも関係性は深いと思われるので、アニメーションの声のイメージと相関しているから、文章としては敢えて拙く見せている、んですかね。といっても職業作家のサガは抜け切れない。とか何とか言ってますが4章くらいで飽きたのでそっから先は知らない…。

  • 手淫がエロかった

  • ラノベと言いつつも、やはり文体から漂う筒井節。太田が悪い。
    しかし筒井作品として読むと物足りなく、ラノベとして読むと筒井くさい。太田が悪い。

  • 筒井先生が喜寿にて書かれたラノベもしくはメタラノベ。
    よくわからないのは「太田が悪い」。

    いや、話しが飛躍すぎるだろ!って思ったけど、
    最後はちょっと現代の皮肉も効いた感じに。
    と、大きなくくりで全くの筒井作品でありました。

  • ボーイ・ミーツ・ガールな内容の話を期待してましたが、ケレン味たっぷりな筒井節炸裂といった内容でした。
    ライトノベルという壇上で、王道を貫く内容で勝負した作品を読みたかったな。

  • あの筒井康隆が初めてのラノベ刊行‼

    …と言うネタ以上の面白さを期待すると痛い目に合う一冊。

    各章冒頭のくだりがほとんど同じ文で始まるところや、ラストの部分での塩崎というキャラのラノベ云々のセリフからは、どこか筒井康隆の皮肉めいた言及も汲み取れるが、物語としての目新しさはないし(「そのこと自体がラノベへの皮肉なんだよ‼」みたいなことだったらキツい)、そこまでラノベ風のお約束感も薄いかなぁ〜と思った。

    佐藤友哉のフリッカー式の序盤なんかは、ものの見事にラノベをパロッた感じがして面白かったが、それに比べるとこちらはこじんまりとした印象。

    まぁ200Pにも満たない小説に多くを求めてもしょうがないか。

  • 筒井康隆さんがラノベを書いたという触れ込みで登場した一冊。
    筒井さんは、あとがきで「エンタメとしての読み方とメタラノベとしての読み方がある」と書かれているが、エンタメとしては荒唐無稽過ぎて楽しめない。
    筒井さんがこの作品をラノベとして書いたという事実そのものを楽しんだほうが良い。

    筒井さんは涼宮ハルヒをいたく気に入ってるそうで、ところどころにオマージュを匂わせる記述があった。
    一方、非オタク系のニュース記事では、未来人の登場と絡めて「時をかける少女」と無理やり関連付けていたが、そこらへんの扱われ方もまた面白い作品だった。

    ただし、作品としては全く面白くないので注意が必要。

  • 四年も待たされた!判型デカイからラノベ売り場に置いてなくてわかりづらい!薄いのに高い!と言いたい文句はたくさんあるのだけれど漸く読めたということで売り方については溜飲を下げられる。しかし内容も内容である。書下ろしの第五章までひたむきに生殖の話である。第五章も無理矢理に話をまとめようと駆け足にもっていった感じは否めない。筒井康隆は四年前のインタビューでも言っていたが「ラノベ」を目指したようだ。しかしなまじ長年小説を書いてきただけにやや文体に違和を感じてしまう。あとがきでもインタビューでも言っていたように作品に対するベクトルが長過ぎる執筆期間のうちに変わってしまったこともあるかもしれない。さんざ文句を連ねてきたけれどブラックジョークやメタネタ、パロディ(まさか京極ネタをもってくるとは)など筒井康隆の味も出てはいるしファンなら一読の価値はあるだろう。ビアンカオーバーステップという次作の草案らしきものもあるらしいので、77歳という年齢で正直しんどいかもしれないが是非次作も筒井康隆の手によってしたためてほしいものである。今度はなるべく短期間のうちにね。

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする