ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 講談社
3.18
  • (21)
  • (62)
  • (92)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 641
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  前半は、まあ、映像化したらモザイク必須だが、全裸シーンがあるわけでもなく、さっぱり爽やかなエロスと青春模様が展開される。
     だが後半に入り、舞台が未来に移ると、クライミライについて解説が入る。
     文明は衰退、人類は虚弱化、おまけに生物災害まで発生。男性の草食化は進行して、生身の女性を前にして欲情はしても抱く気にならない。ここら辺のシニカルな展開はいつもの筒井康隆だ。

     初のライトノベルで、過去の作家たちが越えまいと引いていた一線を簡単に越え、更に自他両方の過去作品を簡単に連想させるようなパロディを盛り込み、いつものアイロニカルな作風も忘れず加えた問題作を書いた筒井康隆氏。

     喜寿を過ぎてもまだまだ意気軒昂のようだ。

  • ラノベはハルヒしか読んだことないこともあって、ハルヒとおんなじような印象(キャラ設定とか)
    まぁあそこまで面白くないけど
    途中までは、おいただのエロ本かよと思う展開だったけど、後半話が転がってラノベ然とした展開になった(あんまり読んだことないけどね)
    わかりやすいメッセージのほんとライトな小説

  • ラノベであると同時にメタラノベにもなっている。試みをしつつ面白いのが流石。キワドい話だとは思う。少し下ネタ気味でもある。くすくすとははーんが両立されているので一読の価値はあると思う。

  • あとがきで御大自ら本書の読み方を「通常のラノベとして読むエンタメの読みかた」と「メタラノベとして読む文学的読みかた」の二通りあると示しているがこれはもうメタ読みを前提に書かれていると言わざるを得ない代物であり仮に前者の読みをするなら数頁で放り出してしまうような酷い代物であるのだがどうやら全て太田が悪いようなので絵本を捕まえて「稚拙すぎる」と食ってかかるような的外れで不毛な批評は略しともかくも御大の果敢で相変わらず人を食ったメタラノベの試みにニヤリとさせられるばかりなのだがこれを読んで本来の数多のラノベに手を伸ばしてみようという気が全く起きないのは本書の成功なのか失敗なのか何れにしても改めてどこまでもついていきますと御大に忠誠を誓うばかりなのである。

  • ライトノベルとは…?ある意味、エログロナンセンスが揃ったいつもの筒井節であり、それを噛み砕いてしまえば(=ライトに描けば)こうなるのだろうか。

    2010年代の時をかける少女、というキャッチフレーズは秀逸だしSF感も微かにある。だが、全章題にスペルマが付いたり、途中から主人公を美少女に描こうとすることすら放棄した台詞回し、最後に無理矢理盛り込まれた教訓など、スラップスティックコメディ色の方が強く、ラノベ文法に沿って書いた77歳の放蕩作品、という部分を踏まえてメタ的に読むのが面白いのかもしれない。

  •  がっつりライトノベルという体裁の本を読むのはこれが初めてだったけど、筒井さん作品が好きなので手に取った。
     倫理的にちょっと…というような実験や、前半に繰り返される射精描写に戸惑ったのだけど、あとがきを含めて、SF、ジュブナイルなどなどを盛り込んだ筒井さんの作品、といった感じがした。他のライトノベルを読んでいないので確かなことは分からないけれど、これはライトノベルへの皮肉混じりな作品なのか…?

  • まあラノベというよりは筒井康隆節を子供向けに描いてみせた程度で、そこまで突飛なことはない、というよりも逆におとなしく感じた。もっとエログロなのいっぱいあるからね。ただあとがきにあるメタラノベ的読み方ってのがよくわからなかった。メタな仕掛けがどこにあったのだろうか。

  • 2012年9月3日、2刷、並、帯付
    2015年5月27日、津BF

  • なぜか読書会課題で。最初どうかと思ったけど後半は面白かった。

  • ただのラノベと思ったら大間違い。
    筒井康隆が書くんだから。生命倫理、時間旅行を交えながらのエンターテインメント。
    続編を待つ。
    太田が悪い。

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする