おやすみ、ムートン (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388468

作品紹介・あらすじ

突然の事故により宇宙の果てを彷徨うことになった宇宙船の中で生まれたロボット「ムートン」。閉ざされた世界の人びとの心の奥底に、彼の存在は波紋のように静かにさざめいて広がっていく…。泉和良が放つ、限りなく残酷で、限りなく優しい物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 限りなく残酷で、限りなく優しい。宇宙(そら)駆ける船で起こった、一度きりの奇跡──。

    突然の事故により宇宙の果てを彷徨うことになった宇宙船の中で生まれたロボット「ムートン」。閉ざされた世界の人びとの心の奥底に、彼(ムートン)の存在は波紋のように静かにさざめいて広がっていく……。泉和良が放つ、限りなく残酷で、限りなく優しい物語。

  • (2013.1)

  • 澄んだ星空の大地、誰かとの繋がりを「星座」だと感じるムートンの視点で綴られる物語。誰かの願いがとても優しくて、その優しさが深い傷を残していく


    涙腺に大打撃を受けたので、しばらく読み返せそうにないです。

  • アクアテラリウムの中を覗き込んでいるような、小さなSFファンタジー。非現実的で、閉じた世界の生活の様子は楽しく、もっと読んでいたかった。不思議な世界観に浸りたい人にオススメ。
    ムートンを作ったsさんの気持ちや、その意を汲んだムートンのシーンではじーんとなりました。いつものことですが、なんとも暖かくて不安な余韻を残す物語でした。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小説家。1976年生まれ。
2007年に『エレGY』(星海社文庫)で講談社BOX新人賞を受賞し、デビューする。小説家として活躍するかたわら、ボカロPである“ジェバンニP”としても活動している。小説の代表作に『私のおわり』『ジスカルド・デッドエンド』『猫の彼女のESP』(星海社FICTIONS)などがあり、ボカロPとしての代表作に『すすすす、すき、だあいすき』『恋ノート////』『リンカーネーション』などがある。

「2014年 『ボカロ界のヒミツの事件譜 3 名探偵エレGYちゃん様の謎解きごっこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉和良の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×