遙か凍土のカナン1 公女将軍のお付き (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 星海社
4.13
  • (12)
  • (13)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 143
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388840

作品紹介・あらすじ

公女オレーナに協力し、極東にコサック国家を建設せよ。
日露戦争屈指の激戦・黒溝台の会戦で負傷した新田良造。帰国後、彼にもたらされたのは、不可解な叙勲と、可憐なコサックの公女だった……。
広大なユーラシア大陸を舞台に、大日本帝国の勇敢なる騎兵大尉にして、“一人目のアラタ”新田良造の戦いが始まる──。
 『マージナル・オペレーション』のタッグが放つ凍土の英雄譚、ここに開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日露戦争あたりの騎兵が主人公のはなし?

    船で移動開始した辺りまで。

  • 主人公はアラタの祖先だし(なんかイトウさんまで出てくるし)ヒロインもなんだかんだ言いつつジブリールだよなあと思いながらもまこれはこれでみたいな。

  • 無料で読めた。
    おもろい。
    続きはよー

  • 騎兵だった日本人青年のところに海の向こうから押しかけてきた可憐な美少女は、コサックの公女だった……と、日露戦争の激戦地から始まる、冒険活劇にしてボーイ(?)・ミーツ・ガール。芝村作品の主人公はいつも思考が明晰で、つねに目標がきちんと設定されていて、それを達成するために必要なこと、切り捨てるものを自分の中で仕分けたら、あとは一直線。その結果がどんな波瀾万丈なことになろうと振り返らない……というあたりが読んでいて気持ち良いのです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ゲームデザイナー、作家、漫画原作者。
第5回日本ゲーム大賞優秀賞、第32回星雲賞メディア部門を受賞した『ガンパレード・マーチ』をはじめ、『絢爛舞踏祭』や『ガンパレード・オーケストラ』三部作などを手がける。その特異な世界観と研ぎすまされたシステムから、「芝村ゲー」と呼ばれ、高い評価と熱狂的なファンを多数獲得している。また、ウェブ上で不定期にファン参加型のゲームも運営している(http://blog.tendice.jp/)。小説作品に『マージナル・オペレーション』シリーズ(星海社FICTIONS、全5巻)、『遙か凍土のカナン』(同、全7巻)、『黒剣のクロニカ』(同、全3巻)などがある。
Twitterアカウント @siva_yuri

「2021年 『マージナル・オペレーション改 11』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芝村裕吏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ゼン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×