ダンガンロンパ霧切 2 (星海社FICTIONS)

著者 :
  • 講談社
3.99
  • (23)
  • (35)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388857

作品紹介・あらすじ

「犯罪被害者救済委員会」が招く新たなゲーム……“探偵オークション”! この窮地を霧切響子と五月雨結は切り抜けられるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1巻と比べてかなり読み応えがあって面白かった。
    結も活躍してるし、霧切も1巻やゲームと比べて多彩な表情を見せてくれるのが嬉しい。
    またゲームをプレイしている人にとってはニヤリとさせられる単語が随所にちりばめられているのも読んでいて楽しかった。

  • 名作ゲーム「ダンガンロンパ」のキャラクターを使用したスピンオフ。中身は普通のミステリで、大仰な設定さえ「そういうもの」と受け入れられれば、ゲーム未プレイでも楽しめるだろう。
    廃墟となったホテルに閉じ込められ、殺人の標的となった7人の男女——を守る探偵、というのが主人公の立ち位置。よって、視点人物である主人公自身には死の危機感はない。37564クローズド・サークルの「傍観者」である点は気になるが、探偵として矜持を持って殺人を防ごうとする主人公の奮闘はなかなかにほほえましく、好印象だった。
    舞台立てがかなり人工的なので、要素が少なく(たとえば館内にはほとんど調度がない)、勘のいい人ならトリックに気づくことは難しくはないだろう。個人的に——殺人事件とは無関係だからギリギリ許せたが——オチが理解できなかった。

    2015/12/28読了

  • 『1』よりだいぶ良かった。探偵図書館周りの説明がなかった&探偵オークションの規則を明示したおかげで、事件および駆引きに紙幅を費やせたのが原因だろうなあ。殺人のトリックが強引、オークションのトリックがあからさまなのは残念。

  • シリーズ第2弾。
    『探偵権』を探偵オークションで落札するシチュエーションは面白い。

    ただ、同じ手口の殺人が続くのは頂けない。
    事件解決後の展開からダンガンロンパらしさを感じられた。

  • 分量はかなり増え、トリックも充分。探偵オークションというゲームの性質が本書の白眉。カイジ的な面白みがキャラクターの性質とかみ合っているのではないだろうか。今後この世界はどうなっていくのか。非常に続きが楽しみ。
    トリック自体は奇妙な扼殺痕からある程度推察できるが、ちょっと上手くいくかは微妙。少し犯人有利に動きすぎている感じがする。
    オークションでは探偵=殺されないという状況が見事。死者の金を回収できるというのも良い。ただし、探偵のキャラクターありきとは思うので、今回の探偵もそれによって選ばれた可能性は高いのが少しゲームとして興をそいでいるのではないか、と思ってしまうが。

  • ”ダンガンロンパ霧切 2”北山猛邦著 星海社FICTIONS(2013/11発売)

    ・・・謎の組織、「犯罪被害者救済委員会」の次なる“黒の挑戦”は「探偵オークション」! 廃墟と化したホテルを舞台に繰り広げられる死亡遊戯の行方は——!?(公式サイトより)

    ・・・あらすじにある「探偵オークション」は
    ・夕方、オークションで探偵権を争奪する。これが五日間、実施される。
    ・殺人鬼が一晩に一人殺す。但し、探偵権を持つ者は殺されない。また探偵権を持つ者の前では殺人は実行されない。
    ・探偵権が有効なのは一晩のみ。
    ・夜間は客室にいなければならない。客室はロックされる。
    ・探偵権を持つ者と殺人鬼はマスターキーを持つ。
    ・各人に一億円ずつ配られ、生き残れたら残った資金を貰うことができる。

    ・・・オークションでの駆け引き、密室での殺人、姿を現した「犯罪被害者救済委員会」と読み応えのある一冊でした。

    ・・・今巻、登場の”ダブルゼロクラス”の探偵、”激情にして最速(アレグロ・アジタート)”の異名を持つ男、七村彗星。
    ”7445万。ここから見える夜景の値段だ。この方角に存在する建造物の電気代を合計した。物事の本質とはかくも美しい。”
    ”探偵は自己実現の手段ではない。しかし主義をもたない探偵は信用できない。”
    ”探偵として私が相手にしているのは人間ではない。mysyeryだ。私は目の前の謎を解く。そのために存在している。”
    登場から名台詞連発!で期待していたのに!
    近年、稀にみる”出オチ”キャラだったわいな(笑)

  • 前作と比べてボリュームが増えただけあって、トリックの深みと舞台設定の練りこみがいつもの北山猛邦レベルをクリアしていて非常にうれしかった。ダンガンロンパシリーズ自体がメフィスト賞作品のオマージュみたいなものなので、北山猛邦の作風ととてもいい具合にマッチしている。シリーズものとしてはまだ序盤の段階らしく、本作でも見事に伏線を大量にばら撒いていってくれた。今後の展開が楽しみな作品。

  • 清涼院流水+矢野龍王+古野まほろ なサバイバルミステリ。一晩の安全が保証される探偵権の獲得を賭けた"探偵オークション”が話の大きな軸となり、閉鎖空間での殺人劇にコンゲームの面白さが加わってより一層に盛り上げます。それぞれの要素が互いのトリックに機能し合い、ふたつではなくひとつの事件を作り上げているのも素晴らしい。犯罪被害者救済委員会による『黒の挑戦』という設定を敷くことで、効率と合理性を考えると本来ならあり得ない"ミステリらしい大仰な仕掛け”に必然性を与えている点も要評価でしょう。不器用なまでに正義を貫く結お姉さまと愚かとわかっていながら彼女の純粋さを信じ抜く霧切ちゃんのコンビも板についてきました。

  • 一巻よりだいぶ面白くなってたので、これなら次も買いたいな、って思えた。

  • 新たな『黒の挑戦』により始まったゲーム、探偵オークション。閉ざされてホテルで、前回以上のゲームが始まる・・・
    ゲームのスピンオフ作品ですが、ミステリーとして十分楽しめます!
    そして、前回よりもボリュームの内容もぐっとアップしてます!!
    すっかり北山さんのファンになってます。
    そして続きも気になる(>_<)

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビューする。代表作として、デビュー作に端を発する『『瑠璃城』殺人事件』(講談社ノベルス)などの一連の<城シリーズ>などがある。

「2020年 『ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北山猛邦の作品

ダンガンロンパ霧切 2 (星海社FICTIONS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×