Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)

著者 :
制作 : 武内 崇 
  • 講談社
4.11
  • (184)
  • (212)
  • (107)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1719
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389038

作品紹介・あらすじ

あらゆる"奇跡"を叶える「聖杯」の力を巡って、七人の魔術師が七人の英霊を召喚して覇を競いあう究極の決闘劇…聖杯戦争。大人気ゲーム『Fate/stay night』(シナリオライター/奈須きのこ)では断片的に語られるのみだった前日譚「第四次聖杯戦争」の真相のすべてが、虚淵玄の剛筆によって今語られる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • zeroは、Fate/stay nightの後に作られた外伝であり、stay nightの10年前の物語である。

    結末が決定していて、stay nightで出てきた数々のエピソードを盛り込まなければいけない厳しい条件上に書き手が違うのによくもまあ、ここまで面白く出来たものだとただただ脱帽しました。

    実際に読んだのは文庫版ではなく、TYPE-MOON出版のものだったのですが、あとがきにすべてが詰まっていたような気がします。

  • 2013.10.25
    積み本だったのをやっと読むことができました。切嗣とイリヤとの会話がアニメより多くてほのぼのしました。ウェイバーちゃん可愛いです

  • Zeroアニメ→stay night→Zero原作、の順で入りました。この巻は序盤であるため、7人の魔術師それぞれの聖杯戦争への参加の事情や、それぞれのサーヴァントとの出会いを描いた部分がほとんどです。初めの部分、少々文章に硬さを感じて入りにくかったのですが、舞台がメインの冬木市に移り、各キャラクターたちの動きも活発になってきたあたりから読みやすくなりました。その辺りからは「早く先を」状態で読んでいます。今のところはアニメの補完的感覚で読んでいる感じですが、Zeroはやっぱり面白い。

  • みんなクジ運が悪い話。

    7人の魔術師が「英霊(サーヴァント)」を呼び出して、願いを叶える「聖杯」を奪い合う・・・と言うと、全年齢対象っぽいですが。

    人間(?)関係の凄まじい悪さよ。昼メロ、ガン無視、恨み骨髄。まさに深夜枠。

    ライダー陣営以外、サーヴァント総チェンジで良くないですか? その方がみんな幸せじゃないですか? なんなの? みんな幸運:Eなの?
    (ってか、ライダーは本当はケイネスが呼びだす筈だったのよね・・・そう思うとウェイバーくんの業が深いw)

    アニメは声優がベテラン揃いで素晴らしいです。
    ニコ動で流れているラジオ企画は抱腹絶頂ものですね。
    特に昼メロ……じゃなかったケイネス陣営が愉快です。山崎たくみさん面白いわ~
    緑川さん自重してw
    キャラクターとしては切嗣が好きなのに、中の人がはっちゃけ過ぎて笑う。

    (注)ネタバレあり
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm16861085

    あと声では速水奨に惚れました。中の人の天然にも。「ミックス」と「やだもう」にトキメキを禁じえない。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17125921

  • Fate/stay nightの世界より10年前に行われた第四次聖杯戦争のお話.
    所謂,スピンオフ作品.
    (ちなみに読んだのは文庫ではなく,全4巻の大きい方ですが)

    なぜ,セイバーと士郎は縁があるのか.なぜ,言峰綺礼が今に至るか.

    など全て読むことで,色々な背景がわかります.

    各陣営それぞれに話が取り上げられているので,単に主人公側だけでなく,それぞれの想いや信念など,色々とキャラの魅力が伝わります.

    著者が虚淵氏なので,どんな展開になるかはお察しですが・・・.

    アニメ化されて人気のある本作ですが,アニメでは個人の心理描写などが省かれているので,改めて原作を読むのを勧めます.

    カラーページには各マスターやサーヴァントの能力や宝具などの設定,もあり,興味をそそります.

    できればstay nightの内容を知っている方がより面白く感じられますが,ここからFateの世界に入るのアリだと思います.

    Fateの世界観が好きな方,アニメ見て興味持った人は是非読んでみてはいかがでしょうか.

  • ダークファンタジー。物語の導入にまるまる一冊使っている。非常にショッキングな残虐描写あり、それほど多くないが。ファンタジーにおいて、人間の残酷さを描くのは物語としてありだし必要なことかもしれないと思うけれど、残酷さをショーにするのは好きじゃない。
    とりあえず最後まで読んで、学べる点を学びたい人気作品。

  • 気になっていたFate、ここからの読み始めを勧められました。あとがきに集約されてた感じ。

  • Zero(アニメ)見たいけど見れてないのでとりあえず原作から。
    ぐわー雁夜の破滅へのフライングスタートダッシュすごい…。そんなに整っちゃって大丈夫か…大丈夫じゃないねわかってます。固唾をのんで見守るほかない。わくわく。
    ウェイバーくんの実力がまだ何ともわからないのであれだけども、こういうちっささ、大好きだよ!
    虚淵さんのキャラクターのいっそナチュラルなまでに拗れてる、むしろ拗れすぎてピュアな様はやはり良いなあ、と思った。

  • Wikiで見た程度で小説を読むのは難しいかな、と思ったけどなんとかついてこれた!さくっと読了。さてどうなることか。とりあえず2巻へ。
    2017.08.28

  • それぞれの陣営に闘う理由、勝ちたい理由があってどれが正しいのかどれが悪いものなのかは一概には言えないなあと思いました!
    英霊もちゃんと史実をもとにしていて、その時代や宝具にまつわることを調べたくなりました。続きが楽しみ!

全140件中 1 - 10件を表示

プロフィール

Nitroplus所属のシナリオライター。小説家。主な代表作は『Phantom PHANTOM OF INFERNO』『Fate/Zero』『白貌の伝道師』。

虚淵玄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)に関連するまとめ

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする