Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)

著者 :
  • 星海社
4.13
  • (144)
  • (179)
  • (77)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1454
感想 : 75
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389045

作品紹介・あらすじ

究極の決闘劇、「聖杯戦争」においても手段を選ばぬ"魔術師殺し"こと魔術師・衛宮切嗣と、あくまで己の騎士道を貫かんとする英霊・セイバーの亀裂は決定的だった。不協和音を抱えた二人を襲う数多の英霊たち、そして、切嗣の前に妖しく立ちはだかる聖堂教会の求道者・言峰綺礼の影-!これは始まりに至る物語-。緊迫の二巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第2巻。ライダー陣営が終始癒しでした。あのコンビかわいすぎですね。アイリスフィールとセイバーが冬木を練り歩くのは楽しそうでかわいかったです。龍之介の、オルガンシーンは…文章で読んだだけなのに気持ち悪かったです。ランプもすごい。発想が恐ろしい。
    やはり、アニメに比べて心情がちゃんと描写されていて、物語に入り込みやすかったです。ケイネスは本当にソラウが好きなんだな、と。健気でかわいい。アーチャーvsバーサーカーは、文章で読んでもかっこよかったです。アーチャーはどこまでも王様なんだな。ライダーがとてもかっこよかった。あんな人が上司だったらいいのになぁ。雁夜おじさんが一番好きなのですが、途端に小物感すごいけど大丈夫か。一年の修行の間に歪んでしまったのかな。。
    展開がわかっているからこそ、早く次が読みたいです。

  • 古本屋でみつけて購入。

    アニメをみていたので内容はすべて知った通り。
    アニメはほんま丁寧に小説を元に作ったのだと思いました。
    やっぱりおもしろいですね。
    残りも機会があれば読みたいものです。

  • 聖杯戦争初戦。各サーヴァントが一箇所に集まり、非常に緊迫した戦いが描かれる。ランサー×セイバー戦の描写が、アニメ化する際にどう描かれるのかが気になる所。

  • 7/10.
    乱闘がついに始まった。ホテルの件は清々しかった。

  • 各陣営の関係と思惑。

  • ウェイバーがなんというか、ちっぽけなんだけど一生懸命で、そう、健気で愛しい。

  • 蛟牙コォ陦励〒縺ョ荵ア髣倥?√く繝」繧ケ繧ソ繝シ縺ィ繧サ繧、繝舌?縺ョ蝎帙∩蜷医o縺ェ縺?シ夊ゥア縲√?繝?Ν辷??エ縲∫カコ遉シ縺ィ繧「繝シ繝√Ε繝シ縺ョ莨夊ゥア縲√◎縺励※繧ュ繝」繧ケ繧ソ繝シ蛹?峇邯イ縺」縺ヲ縺ィ縺薙m縺セ縺ァ縺九↑縲
    繧「繝シ繝√Ε繝シ蜷梧ァ倥?∫カコ遉シ縺ョ蜀?擇縺ォ縺ッ闊亥袖縺後≠繧九?ゅ◎縺励※縲√∪縺」縺溘¥繧ゅ▲縺ヲ繧ヲ繧ァ繧、繝舌?縺。繧?s縺ョ謌宣聞迚ゥ隱槭□縺ェ縲

  • 聖杯戦争が始まった、と思いきや、ちょっと違う方向に?

  • 戻ってこないバーサーカーでめっちゃ笑ってごめん。あー雁夜かわいそうだなーーー!
    人間オルガンの子はなんか伏線なんですか?それとももう関係ないのかな?

  • 引き続き2巻。各陣営が見えてきてだんだん面白くなってきた。ぐろいけど。
    2017.08.29

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Nitroplus所属のシナリオライター。小説家。主な代表作は『Phantom PHANTOM OF INFERNO』『Fate/Zero』『白貌の伝道師』。

「2015年 『RPF レッドドラゴン 6 第六夜(下) 果ての果て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虚淵玄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×