きみを守るためにぼくは夢をみる(2) (星海社文庫)

著者 :
制作 : 新海 誠 
  • 講談社
3.39
  • (2)
  • (11)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年発行の同書の書き下ろし続編。
    主人公・朔が、流れてしまった7年間の「空白」をそのまま受け入れ、改めて「そこ」から生きていこうとする展開は非常に良い。
    また、朔・砂緒それぞれの揺れる感情や不安が繊細で、切なくなった。

    しかし、中盤から続々登場した新キャラが総じてイタ過ぎる電波キャラで、正直引いた。前半の感動が一転して、読んでて疲れた。
    しかも、肝心の謎がまったく回収されていない。「回収が始まるのか?」というところで終わってしまった。2012年春に3巻が出るようだが、どうなることやら……。

著者プロフィール

1965年千葉生まれ。
著書に「きみを守るためにぼくは夢をみる」(星海社)、「ネネとヨヨのもしもの魔法」(徳間書店)等がある。

「2016年 『僕らの惜春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白倉由美の作品

ツイートする