ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編(下) (星海社文庫)

著者 :
  • 星海社
4.12
  • (5)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389274

作品紹介・あらすじ

祟殺し編の悪夢が繰り返されようとする中、前原圭一たち部活メンバーは虐待を繰り返す叔父・鉄平のもとから沙都子を救い出すため、児童相談所を動かして運命に抗ってゆく。終わりのない"昭和五十八年六月"の向かう側に向かって、一歩一歩進んでゆく圭一たち。しかし、雛見沢の背後で蠢動する巨大な陰謀は、彼らの努力をひと呑みにしようとしていた-。情熱と団結の皆殺し編、完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うわぁ…(2度目)

    やっと見えた全体像。こんな壮大な伏線回収見た事ない。

    ここまできたら、もう何がなんでも掴み取って欲しい。



  • シリーズ全体に対する謎についての答えはこの巻でほとんど解明された感がある。謎については「正解率1%」っていうけれど、これ初読で全部わかった人は殆どいないんじゃないかという程、謎が込み入った印象がある。(梨花ちゃんが〇〇というのは多分分かった人はいると思うけど、祟りの詳しい経緯がハッキリ推理できた人はあまりいないんじゃないか?)ラストもこれまでで一番悲惨な気もする。梨花が目指した「全員生きた状態で6月を乗り越える」にはどのような経緯を経るのか?。次の巻で確認したいと思う。

  • 原作ゲームはやったことなし、アニメ、漫画は済み

    細部はちょいとちがうけど勢いは変わらず!
    罪滅ぼしでも書いたけどやっぱりおはぎのくだりが大好きすぎる

    赤坂の支えなさと大石のかっこよさが素晴らしい!
    赤坂は次巻に期待だね♪

    鬼婆超怖いな、あれが怖くないと言えるレナ、やっぱり不思議な存在

    魅音だけが狂気に走らないこと、それは双子のトリックのためだったのかもしれないけど後付けよこじつけで考えれば色々言えそう

    沙都子の仕掛けはあまり役立たなかったな、漫画版の方が活躍してた

    さて大団円に向かってじっくり読み進めますか♪

    そういやパチンコ発売記念にアニメ作るらしいね、どんな内容になるやら…

  • "ひぐらしのなく頃に 解"の第三話皆殺し編の下巻です。ついに"ひぐらしの~"の解答となりうるパズルのピースが揃います。そこまでたどり着くための皆殺し編の展開は熱いです!!特にみんなが団結して、運命に立ち向かっていく姿には手に汗握ります。結末は悲しかったですが、次のひぐらしの世界への上手い繋ぎになっています。圭一たちは、ここまでに手に入れたパズルのピースを上手く組み合わせて、昭和58年6月の先にある未来に手が届くか祭囃し編が楽しみです。

  • シリーズ中一番読みやすく、ちゃんと読めた。これまでは苦痛過ぎて、斜めに読んでました。

  •  前半と後半では別人格のような作品と称されるこのシリーズだが、本作でも同様だった。
     今までの謎の大部分が本作で明かされる。

     伝奇小説のような世界観と少年少女熱血物語がコラボしたような奇妙な感覚のストーリーだが、その”臭さ”を考慮しても、凄惨な結末を読んだ後でさえ、何かすがすがしさを感じてしまう。

     真の完結は次作なのか?

  • 積み重なる奇跡に今度こそはと期待する梨花を嘲笑うかのように、またもや繰り返される悲劇。けれどようやく犯人を突き止めた彼らの物語は、皆殺しから祭囃しへと続きます。

  • 祟殺し編の悪夢が繰り返されようとする中、前原圭一たち部活メンバーは虐待を繰り返す叔父・鉄平のもとから沙都子を救い出すため、児童相談所を動かして運命に抗ってゆく。終わりのない“昭和五十八年六月”の向こう側に向かって、一歩一歩進んでゆく圭一たち。しかし、雛見沢の背後で蠢動する巨大な陰謀は、彼らの努力をひと呑みにしようとしていた──。情熱と団結の皆殺し編、完結!

全9件中 1 - 9件を表示

竜騎士07の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×